富士登山 LFBXイベント

富士登山 LFBXイベント

LFBXGYM初めての1泊2日のイベント

LFBXGYM の公式イベント”富士登山”での非常に多くの新しくて爽快な経験をこのブログで共有できることをとても嬉しく思います。

富士登山は私が日本に20年以上住んでいた中でやりたかったことの1つです。ついに”富士登山をする”という決意を固めたことにとてもワクワクしていました。

mt. fuji fujisawa

私達が富士登山のイベントの案内を出したのが、7月の中旬だったので多くのクライアントにとって夏休みの調整をするには遅すぎるかもしれないと思いましたが、LFBXGYM全員のクライアントを誘ってみました。興味がある 数人のクライアントは予定が合いませんでした。クライアントの1人 Peter Von Gommは、富士登山を2回経験していたので、富士登山は十分だと言いました。もう一人のクライアントのDaisukeは会社のイベントで4回も富士登山に行ったことがあるときいて驚きました。他の 2人のクライアントは参加を希望しましたが、都合の良い日程が違ったため、私たちは1人を選択する必要がありました。土曜日の日帰りより、木曜日からの1泊2日なら混雑が少なく、スケジュールに余裕があると考えて、8月29日(木)から出発し、8月30日(金)に帰ってくるツアーに決めました。深谷泰誠、Hitomiと私の非常にエキサイティングな冒険が始まろうとしていました。

準備

私はいつも行き当たりばったりなので、この旅行でアプローチが上手な2人と一緒に行けるのは嬉しいことでした。Hitomiと泰誠で相談し、サンシャインツアーニチアントラベルの表富士宮口感謝祭ツアーを利用することにしました。ツアーで使用する富士宮口からプリンスルートを使って山頂に上るルートで下山は御殿場ルートから大砂走りを通るルートでした。

すべてが決まりました!泰誠は必要なすべての登山用具を持っていると言いましたが、Hitomiと私は持っていなかったので、二人はザック、登山靴、登山用雨具、ストックを含むすべての道具を頭からつま先までレンタル(¥5000)することにしました、それはとてもありがたいサービスでした。 登山の日が近づくにつれて、私たちは非常に興奮していました。

dried fruit

旅行の前夜、私たちは服、水、食べ物を準備していました。 3776メートル(12388.45フィート)で非常に寒くなることがあるので、念のために余分な暖かい服を持ってきました。彼女と私は食べ物の好みが異なるため、彼女はナツメヤシやお気に入りのイチジクなどのドライフルーツを用意し、

climbing mt. fuji keto

私はLCHF ダイエットからケトジェニックダイエットに移行していたため、ナッツとサンフードマカパウダー、サンフードヘンププロテインおよびハイオラックの調合物を2つの容器に入れ、ピンクのヒマラヤ岩塩マグネシウムカリウムのサプリメントは、電解質のバランスを保つために持っていきました。私の食事は高脂肪なので、主食として、生のマカダミアナッツ、ローストアーモンド、クルミ、カシューナッツを持ち込みました。

冒険のはじまり

出発日当日、午前4時20分に起きて最終確認をした後、5時45分巣鴨駅を出発して、午前6時20分ツアー集合時刻に東京駅近くの集合場所で泰誠と待ち合わせをしました。東京駅のツアー集合場所では約100人が登山用具をつけてさまざまなバスを待っていました。東京駅から私たちはバスに乗って新宿に行き、別のバスに乗り換えましたが、そこにも約400人くらいの登山客でいっぱいでした。

バスの中では、ガイドさんが今回のツアーは約1300人の参加者がいること、富士登山のコツや、下山の御殿場ルートの大砂走りがとても楽しいことなどを体験を含めてガイドさんが話してくれました。そして、同じバスのツアー客の中には富士登山経験5回の内全てサンシャインツアーの感謝祭で参加しているという人もいました。たくさんの楽しい話を聞いて、皆とてもワクワクしながら富士山へ向かいました。

mt. fuji bus ride

神奈川県に近づく頃、バスに乗っている人の多くが寝ていたのでとても静かでした。バスの中から見る富士山は、背景にある水色の空と柔らかくて白い絹のような雲とは反対に黒くとても誇らしげに立っていました。「すごい!12時間くらいで、美しい日本を見下ろすあの山の頂上にいるんだ!」と思いました。それは感動的な瞬間でした。

吊るし雲

下の写真は、富士から約90分の休憩所である足柄Expasaからの富士山。 シュールな雲の形に注目してください!? 富士山の上にはU.F.Oが来ているようです。

climbing mt. fuji ufo

時間の経過と共に富士山に近づき、富士山はどんどん大きく見えました。私とHitomiは山のふもとで登山用具をレンタルしました。私たちがレンタル用具を試着している間、泰誠はバスでゆっくりしていました。 Hitomiと私のレンタル品のサイズは完璧にフィットし、突然本物の登山家に変身したように感じました。ほとんどの必要な物をレンタルできたのには本当に驚き、私たちの興奮はどんどん高まっていきました。

 sunrise tours gear

富士山5合目に到着

その後バスで、富士山表口五合目まで行き、そこで登山に向けて準備を整えました。

beautiful married couple

それから…​​ニュースを聞いた。今日は風が強すぎるので、ツアーを中止します。レンタル品は全てもとに戻してください。午後2時までには新宿(自宅)へ出発します。

mt. fuji clouds

登山中止を聞いてがっかりしましたが、私はその現実を早く受け入れられたことに驚きました。

私は常にクライアントに、私達が行動に移した事がコミットメントであり、最も重要なことだと伝えています。その日は頂上に着きませんでしたが、富士登山のツアーに参加しました。だから私は行動した事に達成感を感じました。

 3 stooges

富士山の最愛のマスコット、フジッピと一緒にかっこいい写真を撮りました。 そして私たちが新宿に戻る前に、5合目のお土産屋さんで少し時間を過ごしました。

climbing mt. fuji taisei, hitomi, bodhi

climbing mt. fuji fujippi

東京、新宿へ

午後5時45分ごろ、新宿に戻りました。

今朝、富士山に向かう途中に、泰誠と私は富士山の頂上でビールを飲むことについて話しました。私は彼に、山頂でビールを飲めなかったので、家に帰る前に新宿でそのビールを飲みましょう。と誘いました。彼は賛成し、私たちは皆で、泰誠とビールで祝うために、新宿駅南口の近くにあるフードホールブラストに行きました。そのスペースにはたくさんのレストランがあり、席を見つけて、泰誠にテカテビールを、Hitomiにムートンカデットバラ[KB20]を注文しました。私はアルコールを控え、私たちの会話に精神を集中することにしました。

 blast shinjuku

私たちは旅行、経験、友情、安全に感謝し乾杯をしました。私たちは富士登山のツアーは途中で中止になったが、行動に移した事や食事と栄養などについて話しをしている時、突然泰誠は、「あなた達と共有したいものがあります」と言いました。Hitomiと私は泰誠の話に聞き入りました。彼は、鉄道内で行われる舞台劇を書く機会を提供され、1か月以内にその脚本を完了する必要があると言いました。

泰誠と私はトレーニング中に仕事や私生活についてよく話すので、この話を聞いてとてもうれしかったです。彼の最大の情熱はプロの脚本家になることでしたが、最近それを実現する方法を見つけられなかったために落ち込んでいると、以前話していました。これはすごいチャンスです! 「これは泰誠のチケットです。脚本家になれることを教えてくれたサインです!」彼は微笑んで、私たちが彼を応援していることに満足していると言った。彼が劇をレビューし、それについて書くためにメディアの人々が何人か来ていたと付け加えました。泰誠の輝かしいチャンスです!私はこの機会が彼にとても早く来て、とても短い時間で完了する必要があることをとてもうれしく思いました。それは彼がその脚本に完全にコミットし、彼の情熱と夢に全力を尽くすことを可能にします!

詳細がわかったら又お知らせします。

一日を振り返ってみると、富士登山イベントが始まって11時間後に、この会話を泰誠から聞けました。それは富士山に雪を塗ったようでした。深く、正直で、オープンなコミュニケーションの美しさと、それが私たちをどのように結びつけるかを実感しました。今回のイベントは私たち全員にとって大成功でした。私たちは何かをすることを約束し、結果に関係なくプロセスと旅を楽しみ、お互いに深くつながりました。

コメントや質問がある場合は、下にコメント欄からお願いします。あなたからのコメントぜひ聞かせてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

富士登山 LFBXイベント

Climbing Mt. Fuji – LFBX Event Report

Our First Overnight Event at LFBX

Climbing Mt. Fuji is something I have wanted to do for many years, so I was very excited to have made the commitment to finally make it happen.  Our first Official LFBX GYM “CLIMBING MT. FUJI” EVENT was a success and was filled with so many new and refreshing experiences that I am very excited to share.

mt. fuji fujisawa

We informed everyone at LFBX Gym in early July about this “Climbing Mt. Fuji” Event which may have been too late for many of them.   Some clients were very clear that climbing Mt. Fuji was not something they were even remotely interested in doing.   One client, Peter Von Gomm, said that he had done it twice and that was enough. Another client, Daisuke, said that he has climbed it four times on company trips!!  For some clients, their schedule didn’t permit.  We went with the Thursday 8.29.2019 departure and the Friday 8.30 return, as Thursday would be less crowded than Friday. The climbers would be Taisei Fukaya, Hitomi and I together on a very exciting adventure.

The Prep

I have always been a sort of a wing it kind of guy, when it comes to travel and getaways, so it was great to go with two people who approach these things a bit more intelligently.  Between Hitomi and Taisei, we decided on Sunshine Tours to take the Prince Trail, as it was known to be less crowded than the Yoshida Trail and a bit more challenging and we all love challenges.

So it was all set!  Taisei mentioned that he had all of the necessary mountain climbing gear, but since Hitomi and I didn’t, the two of us decided to rent all of our gear from head to toe, including the pack, boots and trekking poles for about ¥5,000, ($50) which was a great deal.  We were getting very excited as the day approached.

The night before the trip came and we were preparing clothes, water and food for the trip.  At 3,776 meters (12,389 feet), it can get very cold, so we wanted to make sure that at least we were warm, so we brought some extra warm clothing just in case.  She and I presently have different food preferences, so she stocked up on her favorite dried fruits such as medjool dates and her go-to sundried figs from Seiijo Ishii gourmet supermarket.

dried fruit

I am transitioning from a LCHF diet into a Ketogenic diet now, so I brought nuts and a concoction I whipped up of Navitas Maca Powder, Sunfood Hemp Protein and High Orac Greens Powder in two containers and pink Himalayan salt, magnesium and potassium tablets in order to make sure my electrolytes stayed balanced.   Since my diet is high fat, I brought raw macadamia nuts, roasted almonds, walnuts & cashew nuts.  I threw in a few pieces of 86% cacao chocolates just to be a rebel:-)

climbing mt. fuji keto

The Adventure Begins

Morning met us with a 4:20 am reminder from our alarm clock to do our final prep.  We caught a 5:45 am train out of Sugamo Station and met our fearless climbing partner, Taisei, near Tokyo Station around 6:20 am.  There were about 100 people, all dressed up in climbing gear waiting to board their respective busses.  We got on our bus and we were on our way.

Everyone on the bus seemed full of energy and gusto as we made our way toward beloved Fuji.

mt. fuji bus ride

As we were approaching Kanagawa Prefecture, many people on the bus were sleeping, so it was very quiet.  I saw Fuji looming in the background, boldly standing, black against a light blue sky with soft, white, silky clouds.  I thought to myself, “Wow, within 12 hours or so, we are going to be on the top of that mountain looking down at beautiful Japan below!”  It was a quiet moment where my head was metaphorically in the clouds.

There She Blows!

Here is Beautiful Mt. Fuji from Expasa, Ashigara, which is a rest area about 90 minutes away from Mt. Fuji.  Notice the surreal cloud formations!? It almost looks like there is a nebulous U.F.O. directly above Her.

climbing mt. fuji ufo

Time seemed to move very slowly on this day, but as it passed, Fuji got bigger and bigger until we realized we were at the base of the mountain.

This was the place where Hitomi and I picked up the climbing gear that we rented.  Taisei chilled in the bus.

The climbing gear looked more of less like this.

 sunrise tours gear

Hitomi and I were very impressed with the sizing of the gear – it fit perfectly!  Suddenly we were transformed into real Mountain Climbers, or at least we looked the part.  It’s amazing what a costume can do to make you really feel the part that you are playing!!  Our excitement was mounting!

The only gear you can see on us in this photo is our packs – lol   We just look like 40-year old university students.

beautiful married couple

We Arrive at Station 5

We got back on the bus and it took us to the 5th Station of Mt. Fuji.  Climbing Mt. Fuji was at hand! We got out, breathed in the invigorating mountain air and geared up for the climb.

mt. fuji clouds

THEN….we heard the news:

“Due to weather conditions, we need to cancel the tour.  The winds are too strong today to climb safely.  Please put all of your gear back in the bags.  We will be heading back to Tokyo by 2:00 pm.”

This was our expression as we listened to the announcement.

 3 stooges

This Blows:-)

Of course, we were all disappointed!!  And…I was pleasantly surprised by how quickly we all got over it.

I always tell my clients that “Commitment” and “Showing Up” are paramount to success.  The three of us didn’t get to the summit that day, but we committed to the trip and showed up to Station 5,  so we felt a sense of accomplishment from that fact that we were there.

climbing mt. fuji taisei, hitomi, bodhi

We got some cool photos with Fujippi, the beloved mascot of Mt. Fuji, and enjoyed a little time at the 5th Station before we headed back to our metropolitan home.

climbing mt. fuji fujippi

    

The Trip Back to Shinjuku, Tokyo

We got back to Shinjuku around 5:45 pm.

Earlier in the day, Taisei and I talked about him having a beer at the top of Mt. Fuji when we summited it.  Of course, that didn’t happen.  So when we got off the bus in Shinjuku, I said, “Let’s get you that beer in Shinjuku before you we go home.” Taisei said, “Oh, that would be really nice.”  In that moment I knew where we could go.  Although I had never been inside, I had passed it many times and got a fuzzy feeling each time I did, so I took them to FOOD HALL BLAST near Shinjuku Station Minami Guchi, for that “Otsukare sama” beer for Taisei.  There are lots of different restaurants within that space and the seating was open, so we found our table and ordered a Tecate beer for Taisei and a glass of Mouton Cadet rose for Hitomi.  I decided to forgo the alcohol and imbibe the spirit of the conversation between us.

 blast shinjuku

Wonderful News!

We sat down, did a kanpai and gave thanks for the trip, the experience, our friendship and our safety.  We talked about things such as letting things be, as in the case with the Mt. Fuji trip being canceled that day.  We talked about diet and nutrition and then suddenly Taisei shared something wonderful with us.  He said, “I have something I want to share with you.” Hitomi and I were all ears.   He said that he was offered a chance to write a stage play that would take place on a moving train in Chiba and that the script needed to be completed within one month.

I was so happy to hear this because I know that Taisei’s biggest passion is to be a professional playwright and recently he mentioned that he was down because he didn’t see a way to make it happen.   I exclaimed, “This was the way! This is your ticket, man!  This is a sign saying that YOU CAN DO IT!  You have one month to make it happen, so make it happen!”  He smiled and said that he was happy that I was so enthusiastic about his opportunity.  He added that there were some media people coming to review the play and write about it, which makes the opportunity even more impressive.  It’s Taisei’s chance to really shine!  I was so happy that this opportunity came to him so quickly and needs to be completed in such a short time.  It allows him to commit fully to it and give his best to his passion and dream!   Once I know the details of his play, I’ll be sure to add them to this blog.

The Beauty of Connection

Looking back on that day, I realized that after those 11 hours we spent together, this conversation came out.  It was the icing on the cake – the snow on Mt. Fuji:-)  I realized the beauty of deep, honest, open communication and how it brings us together.  Today was a massive success for all of us.  We committed to do something, we enjoyed the process and journey regardless of the outcome and we connected deeply with each other.

If you have any comments or questions, please leave a comment below.  We would love to hear from you.

Thank you for reading.

Be Extaordinary!

Bodhi