LFBX スーパーヒーロートレーニング 7HIIT

LFBX スーパーヒーロートレーニング 7HIIT

スーパーヒーロー

私はクリス・リーの体と心を本当物のスーパーヒーローに変えるのを助けることができる特権を持っています。

クリスはあこがれているマイティ・ソーの、クリス・ヘムズワースが使用したトレーニングの方法でトレーニングをしたいと私に少年のように頼みました。これは、ボディーウエイトの動きに焦点を当てた非常に高強度のインターバルトレーニングプログラムです。

ムーブメント7

  1. ウォーキングスイッチバック
  2. ひねりを加えたディープスクワット
  3. ベアクロール
  4. 前方の膝蹴りで逆の突進
  5. ゴリラ
  6. まっすぐに脚を上げる
  7. 運動姿勢医学ボール壁ドリブル

使用する間隔とタイミングシステム

移動の間隔:

20秒間のトレーニング/ 5秒間の休憩、ラウンドあたり合計2:55分。 私はビットタイマーアプリを使用しています。なぜなら、それはすばやく簡単で効果的だからです。

1回のトレーニングセッションで実行されるラウンドの数

セッションごとに7ラウンドを完了することを目標としています。 セット間で心拍数が回復するのに時間がかかる日には、最大で6ラウンドしか獲得できません。

インテンシティ  最大心拍数の80-100%にフォーカス

これは非常に高インテンシティのトレーニングなので、このLFBXスーパーヒーローサーキットで最大心拍数80〜100%を目指しています。 これを得るための簡単な公式は220-年齢で求められ、クリス・リーは27歳であるため、193 bpm(1分あたりの拍数)に相当します。 したがって、193の80%である約193および少なくとも154 bpmの最大範囲を目指したいと思います。

休憩 心拍数60%=ラウンド開始

休憩時間について。 彼の心拍数が125 bpm(1分あたりの心拍数)に低下するまで、次のラウンドを開始しません。これは、彼の最大心拍数の60%であり、次のラウンドに全力を尽くせるほど回復したことを表します。この休憩の間隔は、スマートで正直なため気に入っています。 このような本当に難しいインターバルトレーニングには、このシステムを使用することを強くお勧めします。 次のラウンドを開始する前に、Maxの約60%まで心を落ち着かせてください。

注)クリス・リーは真のスーパーヒーローであるため、彼の心拍数は時々195になります。これは101%です:-)これは真実です。したがって、220 –年齢の式は常にスーパーヒーローに適用されるわけではないことに注意してください。

回復に関する注意

クリス・リーの睡眠と回復が十分だと、セット間の休憩は2分以内に回復することがあります。 彼の調子が良くない日のトレーニングは、心拍数を125 bpm(最大心拍数の60%)に下げるために4分~6分必要になる場合があります。

進捗を追跡するために使用するチャート

この単純なExcelチャートを使用して、各セッションの進行状況をトラッキングします。 HR =心拍数。 80〜100%の努力を目標としているため、彼の目標心拍数は156〜194拍/分です。 7つのトレーニングは、実行した順に印刷され、すべての結果が記録されます。

心拍数をトラッキングするために使用する道具

私は、約10年前のチェストストラップが付属したPolar FT7を使用しています。 私の手首はこの写真の時点で48歳です。

これが、Amazon USAの新しいPolar H10です。 Polar H10は、スマートウォッチまたはスマートフォンに接続する単なる心拍数モニターです。 上記で使用しているモデルの約半分の価格なので、H10を購入することをお勧めします。 私の古いFT7はまだ動作しています。だから私はまだそれを使用しています。 あなたの情報のための最高の7チェストストラップ心拍数モニターのレビューはこちら(英語です)です。

健康のための絶対的なゲームチェンジャーであるスプリントトレーニング用の心拍数モニターの使用方法について詳しく知りたい場合は、以前の投稿を参照してください。 この投稿では、Apple WatchとPolar FT7の使用方法についても簡単に比較しています。

LFBX-7 HIITで測定可能な結果

下の表は私が使用しているアカウンタビリティフォームです。 私はすべてのクライアントがセッションに来るたびに、彼らの目標を思い出してもらう為に使用しています。

 

筋肉が増えると体重が減らない場合がありますが、脂肪がおなか周りに多くついているためウエストを測ると成果が見やすいです。クライアントはトレーニングに来るたびにウエストを測定することをお勧めします。 以下の5.1.2019-8.3.2019の間にクリスの中央部から出た脂肪を見てください。 ウエストから9.5cmの脂肪が減りました!

LFBX-7 HIITによる視覚的結果

Chris Lee – In the Beginning

5.1.2019

8.1.2019

クリスがスーパーヒーローの変身を達成するために行っているその他のこと

クリスは、自分の好みや体が処理できるものに食事を調整することを知っておくことが重要でした。 試行錯誤を通じて、彼にとって非常に少ない澱粉(小麦、トウモロコシ、米)でさえ、脂肪を非常に簡単に増やすことがわかりました。 だから、私たちは彼の食事で澱粉に似ているものを避けることを学びました、彼は週に1回24時間のファスティングと、これを達成するための低炭水化物、高脂肪(LCHF)食事アプローチ、主にビッググリーンサラダ、肉を取り入れています 、魚、EVOO(エキストラバージンオリーブオイル)。 24時間の絶食を行う方法について詳しく知りたい場合は、こちらの投稿を参照してください。

スーパーヒーローに参加したいですか?

数ヶ月またはそれ以上の本格的なトレーニングを行っている場合、これを試してみてください。 できます! これが、7つのムーブメントのラウンド1のビデオです。 楽しい!

ご質問やご意見がありましたら、以下にご記入ください。

読んでくれてありがとう。

Be Extraordinary!

Bodhi

 

LFBX スーパーヒーロートレーニング 7HIIT

LFBX Superhero-7 HIIT Bodyweight Circuit

The Superhero

I have the privilege of working with Chris Lee to help him transform his body and mind into the true superhero that he is.

We are using several movements that Chris requested from his boy, Thor Himself, Chris Hemsworth.

This is a very high-intensity interval training program with a focus on bodyweight movements.

The Movements

There are 7 movements:

  1. Walking Switchbacks
  2. Deep Squats with a Twist
  3. Bear Crawls
  4. Reverse Lunges with a Forward Knee Kick
  5. Gorillas
  6. Hanging Straight Leg Raises
  7. Athletic-Stance Medicine Ball Wall Dribble

The Interval & Timing System We Use

The interval between movements:

20 seconds of work/5 seconds of rest for a total of 2:55 minutes per round.  I am using the Bit Timer app, because it’s quick, simple and effective.

 

The Number of Rounds Performed in One Training Session

We focus on completing 7 rounds per session.  On days that takes him longer to recover between sets, we may only get in 6 rounds max.

The Intensity – 80-100% Max Heart Rate Focus

This is very high-intensity work, so we are aiming for 80-100% max heart rate on this LFBX Superhero Circuit.  A simple formula to obtain this is 220 – age and Chris is 26 years old, so that equals 193 bpm (beats per minute).  So we want to aim for a max range of about 193 and at the very least 154 bpm, as that is 80% of 193.

The Rest – 60% Heart Rate = Start the Next Round

Now, for the rest period.  We will not start the next round until his heart rate drops to 125 bpm (beat per minute), as that is 60% of his max heart rate and that gives him just enough recovery to be able to give his all to the next round.  I love this rest interval because it is smart and honest.  I highly recommend that for really hard interval training like this, you use this system.  Get your heart down to about 60% of your Max before starting the next round. 

*Since Chris is a True Superhero, his heart rate sometimes goes to 195, which is 101%:-) This is true, so just be aware that the 220 – age formula doesn’t always apply to superheroes

A Note on Recovery

When Chris’ sleep and recovery is on point, sometimes he recovers within 2:00 between sets.  On days where he’s off, he may require 4:00-6:00 for his heart rate to drop to 125 bpm (60% of his max heart rate).

The Chart We Use to Track Progress

We use this simple excel chart to track progress for each session.  HR = Heart Rate.  We are aiming for 80-100% effort, so his target heart rate ranges from 156-194 beats per minute.  The Seven Exercises are printed in the order we perform them and all the results are logged.  

The Gear I use to Track Heart Rate

I use a Polar FT7 which comes with a chest strap, which is about 10 years old.  My wrist is 48 years old at the time of this photo.

Here is a new Polar H10 at Amazon USA.  The Polar H10 is just a heart rate monitor that connects with your smartwatch or smartphone.  It’s about half the price of the model I am using above, so I recommend you buy the H10.  My old FT7 is still working, that’s why I’m still using it.  Here is a review of the best 7 chest strap heart rate monitors for your information.

If you want to know more about how I use my Heart rate monitor for Sprint Training, which is an absolute game-changer for health, see this previous post.  I also do a brief comparison of how I use my Apple Watch vs my Polar FT7 here in this post.

Measurable Results with LFBX-7 HIIT 

Here is an accountability form I use for all clients to show their attendance and any goals they may have to keep in mind each time we meet.  I recommend that clients get their waists measured each time they come in for training because sometimes there may be no weight lost, since there is muscle gained, so the waist shows clearly that fat is coming of the midsection.  Look at the fat that came off of Chris’ midsection between 5.1.2019-8.3.2019 below.  9.5cm of fat loss off the waist! 

Visual Results with LFBX-7 HIIT 

Chris Lee – In the beginning

Chris Lee

5.1.2019

Chris Lee

8.1.2019

Other Things that Chris Is Doing to Achieve His Superhero Transformation

It is important to know that Chris has dialed in his diet to match his tastes and what his body can handle.  We have found out through trial and error, that even with very little starch (wheat, corn and rice), he gains fat very easily.  So we have learned to eschew anything that resembles starch in his diet, He is incorporating a 24-hour water fast once per week and also a Low Carb, High Fat (LCHF) Eating approach to accomplish this, mainly eating Big Green Salads, Meat, Fish and EVOO (Extra Virgin Olive Oil).  If you want to know more about how to do 24-hour fasting, see my post here.

Do You Want to Join the Ranks of Superheroes?

If you do and have a few months or more of solid training under your belt, give this a shot.  It works!  Here is a video of Round One of Seven.  Enjoy!

 

If you have any questions or comments, please them below.

Thank you for reading.

Be Extraordinary!

Bodhi

 

 

アモール・ヴェルマの忍耐、集中、長期的成功について

アモール・ヴェルマの忍耐、集中、長期的成功について

B:アモール・ヴェルマは、私が知っている中で最も忍耐強く、親切で、温かく、前向きな人の1人です。 私たちは2018年9月27日から週に1回プライベートトレーニングセッションを行っています。11ヶ月の間に、彼は自分のトレーニングテクニック、モビリティ、バランスと強さ、そして自分でもトレーニングをするという一貫したコミットメントで大きな進歩を遂げました 。 私はアモールの多くの分野で可能な限り最高のクオリティオブライフを実現するための目標重視のアプローチに感動し、彼を誇りに思います。

Amol Verma

アモール、私たちを選んでくれてありがとう。

A:私をそのように紹介してくれてありがとう。

B:本当のことです。

A:感謝の気持ちでいっぱいです。そう、ありがとう。

B:それは私の喜びです

アモールの最初の目標

B:それでは、私たちが一緒にトレーニングを始めた時を思い出してみましょう。あなたが2018年9月にトレーニングを始めた時、「弱い体」を強化したいという目標を決めましたが、アモールの「弱い体」の定義とは何ですか?

A:私の「弱さ」の定義は、毎日、肉体的な痛みや姿勢の悪さで体が動かしにくいという事です。生活をしている中で体を動かしにくいなら、体は「弱い」と思っています。例えば、あなたが木を切ることが仕事であるなら、十分に体を動かせないことは木を切れないので弱いかもしれません。または、1日中机に座っているコンピュータープログラマであれば、1日中座っていて、仕事ができるだけの体力があるなら、非常に強い人になるかもしれません。

B:とてもクール。アモールはLFBXGYM に来たとき、あなたは自身を弱いと感じましたか?

A:ええ、ええ、ええ。私は今話したばかりのコンピュータープログラマーで、背中にいくつかの問題がありました。ベッドから出られない時もありました。ベットから起き上がる為に1時間かかる時もありましたが、そのような時はなんとかして病院に行き、鎮痛剤をもらっていました。そのような症状が頻繁に起こっていました。

B:首だけでなく背中にもあったのですか?

A:それは2年前の事です。ええ、首にもいくつかの問題がありました。それはすべて今はなくなっています。 (微笑む)

B:それはいいですね。数週間前に背中が良くなったと言っていましたが「これは本当にすごい!」です。あなたのトレーニングの成果ですね。体を動かし、長い間動かせなかった特定の筋肉を使っています。素晴らしい!あなたの体が「強く」なったとどこで感じていますか?

A:スクワットなどのような下半身のトレーニングをたくさん行ったので、背中と下半身のどちらも同じくらい強くなったと思っています。特に下半身の基本的な動きは毎日の生活の中で感じることができます。例えば何かを拾いたいときは、ただ腰を曲げるだけではありません。私はそれを取るためにしゃがむでしょう。手を洗いながら前かがみになっている間、デッドリフト姿勢のようなものを想定するので、下半身の変化を感じることができます。生活の質の向上という点で言えば、それは私の腰だと思います。私は2年前の悪い記憶がありますが、腰痛は6〜7年間ずっと続いていました。しかし、今はなくなっています。もう腰痛がありません。だから私は腰が最も強くなった場所だと思っています。

B:素晴らしい。それは素晴らしいことです。そして、あなたがアプローチした方法は完璧です。脚が背中を支えるように脚をトレーニングしていきました。脚と背中の筋肉は体の中で最も大きい筋肉です。素晴らしいです。ありがとうございます。また、C5&C6(頸椎)についても話しました。それは良くなりましたか?

A:ええ、あなたとトレーニングを始めてから首の痛みもありません。

B:あなたは(最近)首の痛みについて話していないので、今このように振り返ると(彼が強くしたかった最初の問題)、そういえば最近、首の痛みについて何も話していないことに気づきました。

A:ええ、私はあなたとトレーニングを始める直前、または数週間前に(首の痛みが)始まったと思います。そうなんです、今は痛みはありません。

B:それは良かった。私たち今までも、そして今も取り組んでいることの1つは、足首の可動域です。改善されたとお考えですか?

A:はっきりとはわかりませんが。スクワットができるようになりましたが、同時にウエイトも上げてていきました。ウエイトを増やすことは常に足首をより強く動かし、足首がより動きやすくなっていると感じるので、持ち上げることができるウエイトが上がったのが理由なのか、それとも可動域が改善されたかどうかはわかりません。

B:OK、ありがとう。次に最初(2018年9月27日)のミーティングで出てきた障害(あなたの目標)についてお話ししたいと思います。

アモールの障害

【その1:面白くなければやらない-やる気が出ない】

B:楽しかった?

A:ええ。特に宿題のエクササイズを指していました。私には宿題のエクササイズがあり、それが面白くない場合でも、私が宿題をする為にあなたがいるなら、それが宿題をやる動機になります。

B:OK、わかった。

A:そして、私が家でやっている宿題の場合、やるのが面倒すぎて気分が良くないなら、やりません。意志はほとんどありません。

B:それについては知りません。

A:私は賢いです。私は強い意志はありません。 (微笑む)

B:OK。そして、次の障害に行きましょう。

あなたからのアカウンタビリティがなければ、私があなたをフォローするのは難しいです。

B:アモール、絶対に正直に答えてください。カメラが付いているからといってナイスガイにならないでください。

A:はい。

【その2:アカウンタビリティ】

B:それでは、アカウンタビリティに関しての質問です。このプロセスを通して私はあなたにアカウンタビリティを与えましたか?

A:あなたは私に少し優しいと思います。

B:OK、特にどこですか?

A:時々私にきつく注意をしたかったかもしれません。あなたはそのような機会がありました。しかし、トレーナーとトレーニングをするだけでアカウンタビリティが大きくなるため、間違いなく役立ちました。

B:いいよ。次の障害は、どこから始めていいのかを自分で知ろうとするには情報が多すぎます。

B:今、自分のやるべきことは明確になりましたか?

A:もちろんです。うん。

B:いいね。

アモールの進歩についての私の見解

B:これは私の見解です。 一度に1つのエクササイズに集中することに関してのこだわりに本当に感銘を受けました。 私はあなたが長い間、1つのことに集中してトレーニングをしてきました。 このようなアプローチをしたのは私が今迄もったクライアントの中でアモールだけです。 あなたはすごい! フォームローリングなど、ほとんどのクライアントが気に入らないものを、常に行っています。 時々痛いですよね?

A:運動するたびにそれをします。

B:そうです。 そして、私たちは長い間、足首の可動域に取り組んでいました。

Amol Verma Ankle Mobility

簡単な足首の可動域評価を示す写真。 アモールは壁から約3センチのところにありました。5センチ以上を目指していました。

スクワットフォーカス

B:スクワット! 私たちが取り組んだスクワットの全リストがあります。 最初に、51センチの箱の上でウォールスクワットを行いました。 下のビデオの箱は約31センチです。

A:そうそう! それを忘れていました。 ウォールスクワット、はい、私たちはボックススクワットをしていました。

B:はい、かかとの高さ(ゴブレットボックススクワット)を出すために板を置き、内股の傾向があったため、ミニバンドを付けています。

A:そうそう、バンド(ミニバンド)もありました。 忘れていました。

B:そうですか? その後、足首の可動性が向上して、適切にしゃがむためにかかとを持ち上げるステップが必要なかったので、板を外しました。その後、バンドも外しました。 それから私達は箱なしでスクワットをしました。 そして、ゴブレットスクワットの代わりに、フロントスクワット(下のビデオ)に移行しました。その理由は、前部のウエイトがかなり重くなっていたためです(アモールは主に脚に集中したかったため)。

 

それから、クロスグリップを使用してバーベルフロントスクワットに移行しました。次に、バックスクワット。

それはとても興味深いアプローチでした。まず、 4kg(9lbs)のケトルベルから始めました。  今、5 x 5のトレーニングアプローチを行っています。(基本的には、5回のスクワット1セットとし、セット間の休憩は2分間です。それを5セット行います。1セットの最大ウエイトはクライアントができる最大ウエイトの約87%ですので、比較的重い重量が使用されます。アモールは外見の美しさよりも強度の改善を望んでいたので、私は5x5のアプローチが彼に非常に役立つと判断しました。)現在、スクワットで使用しているウエイトはどれくらいですか?

A:97.5kg(笑顔)

B:97.5kg(アモールとハイタッチ)。 そのため、11か月以内にスクワットで使ったウエイトは93.5kg(206ポンド)増加しました。 驚くばかり! そして、あなたは一貫して強くなっているのは間違いありませんか?

A:ええ、25回(5x5=合計25)を正常な状態で完了すると、次のセッションでは2.5kg(55.5lbs)増えます。

デッドリフトフォーカス

B:その後、私たちはデッドリフトに集中して取り組みました。 そのため、今までのスクワットが「イン」になった(つまり、彼と私が満足できるレベルまでマスターしたことを意味します)デッドリフトが入り、正しいデッドリフトのフォームを維持するために2枚のマットを使い、膝の高さから始めました。

A:ええ、ええ、ええ、私たちは常に2つのマットを2倍にしました。

B:私たちは正しいフォームでのトレーニングを維持することを目指していましたが、アモールはハムストリングに可動域の問題があるため(タイトだった)、毎回正しいフォームを維持してバーベルを持ち上げる必要がありました。 そして、3ヶ月以内に、2つのマットの高い位置からのデッドリフトが床から行えるまでになりました。つまり、デッドリフトモビリティを床から引き出せるレベルに上げるには3か月取り組みました。

入社初日、木製のダボを使用して、股関節/デッドリフトの能力をテストしました。 そのダボの重量は約1kg(2.2ポンド)です。 デッドリフトでの5×5は何kgあげられますか?

A:先週、85kg(187lbs)を持ち上げました。 約9ヶ月で84kg(185lbs)増加します!

B:あなたは本当に私にアモール・ヴェルマをインスパイアしました! 私は週に1回重いデッドリフトを行っていますが、これまでは、あなたと同じように、25回すべての作業を完了するたびに、2x 1.25kgプレートの形で重量を2.5kg(5ポンド)増やしました。(下の写真を参照) 5x 5トレーニング方式。 このおかげで、ジムに2x 0.5kg(1.1lb)あるので、25回すべてを完了するたびに1kg(2.2lbs)ずつウエイトを増やすことを真剣に考えています(下の写真を参照)。 私が東京で使用したことのある商業ジムのほとんどには、この小さな0.5kgのプレートがありません。

lfbx gym 0.5kg plates

私はおそらく、1年間で約50週間トレーニングをします。 毎週、バーに1kg(2.2lbs)を追加できれば、1年後には、デッドリフトが50kg(110lbs)増加します。 それができれば、ウエイトは倍になります。つまり、来年はウエイトが2倍になるんです。 早く重たいウエイトを持ち上げるようになりたいわけではありません、そのような考え方は本当に賢いです。 それは日々を楽しむライフスタイルです。 そして、毎週1kg(2.2lbs)ずつウエイトを増やしていくと、何てことありません。 調子が悪い日はおそらくできないかもしれませんが、そうでなければ、実質的に毎週ウエイトを増やすでしょう。 このアプローチを実行することに興奮しています!

上半身フォーカス

B:OK、今から上半身に進みます。私たちは2019年7月まで上半身の動きには取り組みませんでした。つまり、モビリティ、スクワット、デッドリフトに10か月間取り組みました。それが印象的です。それは一度に一つのことへ専念するというすばらしい方法です。最高。カッコイイ!!

A:スクワットとデッドリフトを長い間やってきたので、私はそれを身に着けることができました。私たちは常にフォームで行っていたので、フォームが崩れることはありませんでした。そして、ある時、私はそれらが好きになり始めました。土曜日(毎週金曜日の18時~トレーニングをしていました。)に家かえって椅子に座るとそわそわしてきて、「トレーニングしたい」と思うように。一緒にトレーニングを始める前は、「トレーニングしたい」なんて思うことはありませんでした。

B:いいね。うん。やりましょう。あなたが言っていることに1つ付け加えるなら、そのように下半身を働かせるようになると、デッドリフトのようなエクササイズでは、握力だけでなく、上半身と下半身の後ろ側が実際に鍛えられます。スクワットであっても、肩や体幹が鍛えられています。もう1つはテストステロンです。足には非常に多くの筋肉があり、激しく鍛えると体全体が刺激されます。下半身だけでなく上半身にも様々な箇所を鍛えることができる複合トレーニングを行いました。つまり、上半身の場合は肘と肩、下半身の場合は膝、股関節、足首のように、2つ以上の関節を使用します。この複合トレーニングは、ほとんどの筋肉を使用するため、最も効果的です。ベンチプレス、オーバーヘッドプレス、ロウ、プルダウンなどの動きを追加しました。

A:それらはまだ複合的な動きですが、スクワットとデッドリフトにはもっと多くの筋肉が関係していますよね?

B:そうですね。

詳細なフォームに焦点を当てる

A:そして、スクワットやデッドリフトの正しいフォームはとても複雑ですが、綺麗なフォームを習得するための時間を費やす価値があると思います。 私たちは、ほぼ毎週私のフォームについての新しい課題を見つけ出し、解決するために話しました。 それには時間がかかります。

B:そうです。 スクワットは人々に多くの不安を与える傾向がありますー肩に重いウエイトをのせ、スクワットをします。 デッドリフトは背中の怪我の恐れを植え付ける場合がありますが、デッドリフトでは、ウエイトを地面に落とすだけでよいため、スクワットよりも多くの人にとって安全です。 詳細は、呼吸、息止め(バルサルバ法)、角度の認識です。

上半身のディップトレーニングと腕立て伏せを行いました。 そして、私たちが行ったすべてのエクササイズから、3日間のトレーニングプログラムでやりたいと思うエクササイズを選択しました。それはすべての主要な筋肉を使うので、カナダにいる2ヶ月間、トレーニングを続けることができます。

A:その通りです。

アモール・ヴェルマの進歩

B:あなたの観点から進捗状況について何か一言ありますか?

A:ええ、人々は本当にトレーニングしたいと言います。そして、私は彼らに言います。「本当に運動したくない場合は、それで構いません。それはまったく問題ありません。トレーニングを強制して行うのではなく、やりたいことを見つけてください。」それがトレーナーとトレーニングをする大きな理由の1つです。あなたはトレーニングを好きになることを学びます。そして、一度トレーニングを好きになり始めたら、あなたは自分で始めれます。これが私があなたとトレーニングを始めた理由のすべてです。私は自分でトレーニングをやるモチベーションがありませんでした。そして今、私はあなたと一緒に、そしてあなたがいなくてもトレーニングをするモチベーションがあります。私はそれが本当に重要だと思います。私たちはいつも自分が好きな方法で物事を行ってきました。何かがおかしいと感じたら、私たちはそこから離れました。

B:そうです。私たちが直面しているモビリティと安定性の問題に対する提案とその解決策を提供するとき、あなたは好きなものとそうでないものについて常に非常に明確でした。

決定力のある生徒としてのアモールの明快さ

A:あなたとのトレーニングで本当にうまくいったことの1つは、生徒としての私がトレーナーのあなたに本当に大変な時間を与えたことです。

B:ハハハ!

A:そして、あなたはそれで本当にうまくやってくれました。

B:ああ、ありがとう。

A:そして、あなたは私自身に方向を選ばせる謙虚さを持っています。 「私はそのトレーニングは好きではありません。他の方法が良いです」とあなたにいう事があっても、、私はあなたの知識を信頼しています。あなたには多くのノウハウがあり、私はそれに頼ることができます。そして、あなたは私が言うことに対して何もためらわず、違う方法を提案してくれます。「さらに上半身の運動を5つ見せてください。私はこれらが好きではありません。」あなたはいつもより多くを思い付きます。それはトレーナーにとって珍しいことではありません。この特性は、普通の指導者にとってはまれだと思います。

B:私は研究を続けています。あなたがトレーナーとして私を選んでくれたことに感謝し、あなたがトレーニングが好きであることを確かめたいと思います。いつの日か私たちは別れる時が来るでしょう。その時あなたが、トレーニングへの愛情や、適切なトレーニング方法を一緒に持って行けば、それは私にとっての価値です。それに加えて、あなたは私のすべてのクライアント、他のすべての人を助けました。あなたが学び、成長させるように私をプッシュするたびに、自分の水準を上げ、あなたの為に勉強して得たもので他のクライアントを助けることができました。このインタビューのようなものです。視聴したり読んだりして自分の宝石を取り出す人もいるかもしれません。アモール、ありがとうございます。

A:どういたしまして。

アモールの次の目標

B:OK、次の目標!次の目標は何ですか?

A:私はすでに自分でトレーニングする段階にあり、どのように進むべきか、すべてを徐々に増やす方法を知っています。私はまだトレーニングフォームをマスターするためにここに来る必要があります。その例として、今日、デッドリフトとスクワットでフォームをチェックして、上半身のエクササイズで、正しいフォーム維持していることを確認します。目標としては、2、3か月の筋力トレーニングの後、私がやることができる次のことは、よりスリムになることにもっと集中したいかどうかを確認することです。そして、あなたはそれをする事は、私たちが今していることより簡単だと言った。

B:ええ、そうです。いくつかの点で。誘惑は難しいです。外部からの誘惑を意味しますー社会的な誘惑は最も難しい部分です。疲れたときやストレスがたまっているときは、無意識に不健康な食べ物を食べたり、過食になりやすくなります。実際に「実行」(栄養計画を行うこと)は簡単です。 3か月で、ダイエットのレベルを完全に変えることができます。

A:それで私はダイエットに焦点を合わせるかもしれません。

B:それは素晴らしいことです。そして、私はダイエットの専門家のようなものです-ハハハ!とにかく私はそれを証明しています(インタビューの時点で、3ヶ月間生のフルーツダイエットをした後、非常に痩せていました)。

B:賢明な方法があると思います。そして問題は、あなたはダイエットが好きにならなければいけないということです。ダイエットが本当に楽しいことを示すのが私の仕事であり、楽しくなれば、あなたの残りの人生で続けていけます。

A:うん。

続けられる目標を得るアモールからの締めの言葉

B:あなたは成功だと思う、アモール。それを、あなたも知っているのは、確かです。人生やトレーニングから、誰かを助けることができると思う事を何かシェアしてくれますか?

A:もちろん。トレーニングのような何か新しいことを習慣にしようとするとき、あなたがあなたの残りの人生で続けることができる方法でしてください。例えば、ダイエット中に炭水化物と砂糖をすべてカットしている場合、70年間それを行うことができますか?あなたがそれを続けられると思うなら、ええ、そうですやってみてください。しかし、短期的な利益を得ることを目的として物事を行わないでください。常に習慣を構築する観点から考えてください。それらの効果は時間とともにますます大きくなります。そのように考えて、最初なかなか進まない時にイライラしないでください。

B:マスター:彼はそれを理解しています。 アモール・ヴェルマは素晴らしいです。ありがとうございました。最高です。アモール、あなたと一緒にトレーニングすることは本当の喜びです。

A:私もです。

B:ありがとう。あなたはとても優しい。

A:あなたと私の間では、多くのことを共有しています。

B:ええ、あなたは私の家族の一員です。だから、決して疎遠にならないでください。私はあなたの隅にいます!カナダで楽しんでください!必ず! (お互いに大きなハグをし、手を振った)

Amol Verma and Bodhi Kenyon

Goals – You SAY you want it, but do you REALLY want it?

Goals – You SAY you want it, but do you REALLY want it?

He SAYS He Wants Big Shoulders and a Six-Pack

More and more opportunities are coming our way these days.  One of them is an increase in trial sessions at LFBX Gym.  When people come into our gym for the first time, my wife Hitomi and I like to give them a very warm welcome, by both greeting them.  A young man came in for a trial session, saying that he was interested in private training. He stated that he wanted to achieve specific physique goals, especially broader more muscular shoulders, and a six-pack.

But He REALLY Wants a Lackluster, Comfortable Approach

At the end of the trial session, we asked him which direction he would like to go in terms of training with us.  He said that he wanted to train with me to achieve his goals, but finances were an issue.  He said he would love to train with me once per week but was thinking of having a private session with me once per month and then having me create a monthly training program that he could do on his own instead.

Make What You SAY You Want, What You REALLY You Want!

Hitomi, without an ounce of hesitation, made a very poignant point to him about commitment.  She expressed persuasively, “Are you satisfied with the results that you have achieved so far on your own?”  He replied by saying, “No, I’m not.”  Then she followed with something very consequential for him to ponder: “What if you committed completely to your goals and to Bodhi’s coaching and programing once per week for 12-weeks?  If you commit fully to yourself and to Bodhi’s know-how and guidance, you can transform your body and your entire life in 12-weeks.  Of course, it will cost you more money than if you have Bodhi coach you once a month, but by committing this way, you will have undeniable results and enough momentum to continue training on your own without Bodhi’s guidance (if you decide it and commit to it).  If you go “the safe and slow route”, you will probably spend the same amount of money and you may get the same results in 12 months that you could have had within 3 months.  And the probability of more bumps along the way is high because you will only get face to face feedback from Bodhi every 30 days rather than every 7 regarding your training form, training progress, adherence and accountability to your diet – which is crucial to getting that six-pack you say you desire.  Also, the inner motivation you get from seeing your progress in the mirror and the social motivation you get from peers when they tell you about the transformation they are seeing will inspire you to keep your consistency and intensity at an extraordinary level.

The quicker you get committed and into fierce action on that commitment, the quicker the results you will see and feel yourself, and hear from those around you in the form of surprise and compliments, which will boost your motivation and drive immensely.”

100% Committed

You Have to Want to Overcome the Part of You that REALLY Wants Comfort

I was in awe of Hitomi’s powerful quake statement.  She confirmed that pussyfooting shows a lack of grit, which equals a lack of results.  She expressed the importance of doing what is uncomfortable in the pursuit of overcoming a part of yourself that you haven’t achieved yet, which in the case of our potential client seemed to be the financial commitment, time commitment and the weekly accountability.  The young man and I both knew that she was right and shook our heads in agreement with her.  Ultimately he decided not to train with us, but I believe Hitomi gave him a gem of understanding that may help him immensely.  I definitely learned something from Hitomi’s quake statement about commitment and taking fierce action now to achieve our goals and dreams.

What I REALLY Want for My Clients

First, when I have a trial session, I am committed to setting up that client for achieving their goal by or before their ideal timeframe for achieving it.  Showing them, as Hitomi so clearly illustrated for this young man and me, a brilliant strategy of overcoming their top obstacles that stand in the way of where they are on the day of their trial session to the day that their ideal goal timeline transformed self exists.

What I REALLY Want for Myself

Second, I have started using this in my own life with the #1 Project that I am focusing on achieving by the deadline I have set.  I have spent ample time making sure that I really want to achieve this goal.  It’s a 3-Year Goal, so it’s very big and will require several thousands of hours of deliberate focus, which I am very excited about. In order to break down this project into mileposts,  I have applied a model called Goal Setting to the Now which I learned from Gary Keller in his book The One Thing. Basically, I decided my 3-Year Goal (he uses 5-year goals in the book, but 3-years felt like a better fit for me), then set my 1-Year Goals based on my 3-Year Goal, then my Quarterly Goals based on my 1-Year, then Monthly Goals with stretch deadlines based on my Quarterly, then Weekly Goal (meaning this week only, so that I set deadlines only for the week ahead), then a Daily Protocol that I commit to every day that I am working.  This is proving very effective.

What Do You REALLY Want?

Do you have a goal or a dream that you have been entertaining in your head for some time?  Or even something you have been dabbling in, but just haven’t kicked up your commitment on?  I hear people say they want an amazing partner.  I hear others say they want to lose 5kg of fat.  And I hear others say that they want to earn more money.  And the reason most of these people don’t achieve their dreams is that they don’t have a strategic plan.  All of these dreams can be achieved in direct proportion to the focus and action that we take in the direction of achieving them. Please take the time and put together a strategic plan on how to achieve what you REALLY want in life.  In my experience, we can transform an aspect of our life within 1-3 months when we commit fully to it.  If you think you REALLY want to achieve something, first find out if you REALLY want it.  Once you know that you REALLY want it, the next step is to overcome the obstacles in the way.  If this interests you, let me know and I will share my take on how to approach and overcome obstacles.

If you have any comments or questions whatsoever, please leave them below.

Thank you for reading.

Be extraordinary!

Bodhi

アモール・ヴェルマの忍耐、集中、長期的成功について

Amol Verma on Patience, Focus & Long-Term Success

B: Amol Verma is one of the most patient, kind, warm, positive and forward-thinking guys that I know.  We have met once per week since September 27, 2018, so over the span of 11 months, I have seen this man make huge progress with his training technique, mobility, balance and strength and his consistent commitment to training on his own outside our 60-minute once per week session together.  I’m very proud of Amol and am moved by his patient and goal-focused approach to living the highest quality of life possible in many realms.

Amol Verma

Amol Verma’s Savage Natural Posture

Thank you, Amol, for being here and for being a part of our life.

A: Thank you for saying all the stuff about me.

B: It’s true.

A: I’m filled up with gratitude.  Yeah, thanks.

B: It’s my pleasure.

Amol Verma’s Initial Goals

B: So, I would like to go back in time to where we started with your goals. When you came to us in September of 2018, you shared with me that you wanted to strengthen your “weak body”.  What’s your definition of “weak body”?

A: My definition of “weak” is when your day to day is leading to physical pain or some form of misery that your body puts you through.  If your body isn’t up to your day to day, then your body is weak.   You could be a lumberjack and be weak because you are not strong enough for your job.  Or you could be like a computer programmer who sits at his desk all day but could still be very strong because you are fit enough that you don’t let the sitting all day affect you.

B: Very cool.  Did you feel like you were weak when you came here to train with me?

A: Yeah, yeah, yeah.  I experienced a couple of bad spells with my back because I am that computer programmer I just talked about.  There was one episode where I couldn’t get out of bed.  I had to wait there for about an hour and then somehow made my way to the hospital to get some painkillers.  I had that happening a lot.

B: It was not only in your neck but also in your back?

A: That was like two years ago.  And yeah, I had some problems with my neck, too.  All of that is kind of gone now.  (smiling)

B: That’s beautiful.  You mentioned about your back being better a couple of weeks ago and I was like, “Oh this is great!”  And that is from your training.  You are moving your body, pushing certain muscles that you haven’t moved like that in a long time.  That’s awesome! Where would you say that your body has become strongest?

A: It’s a toss-up between my back and my lower body because we have done a lot of lower body work like squats and stuff.  And in my lower body, I can especially feel it in my day to day because I have incorporated those basic motions into my actions.  So when I want to pick up something, I won’t just bend my back.  I will squat down to get it.  While bending forward while washing my hands, I will assume something like a deadlift posture – bending only at the hips – so I can feel a change in my lower body.  Just in terms of Quality of Life increase, I would say it would be my back.  I had a bad episode two years ago, but that had always been there for 6-7 years.  And that’s gone now.  I don’t have back pain anymore.  So I think that’s the spot that got the strongest.

B: Awesome.  That’s great.  And the way you approached it is perfect – build the legs as the legs support the back – the legs and the back are the biggest muscles in the body.  Awesome.  Thank you. You also talked about C5 & C6 (Cervical vertebrae) pain.  Is that any better?

A: Well, I haven’t had any neck pain since then.

B: You haven’t talked about it (recently), so when I look back at this (the initial problems that he wanted to fix/heal), I thought, “That’s right!  You haven’t mentioned anything about neck pain lately.”

A: Yeah, I think that (the neck pain) started right before I started training with you.  Or it might have been a few weeks into it, I started getting neck pain.  Yeah, that’s not a problem now.

B: That’s good.   One thing we were working on and still working on is ankle mobility.  Would you say that it has improved?

A: It’s hard to tell.  We did see improvements in how much I can squat, but at the same time, we were increasing weight, too.  Bearing more weight always pushes you more (gravity) and it feels that you are becoming more mobile, so I can’t tell if it’s the weight that I am lifting or if it’s an actual increase in mobility.

B: OK, cool.  I would like to talk about the obstacles – these were your goals – that came up in our initial conversation (during our first meeting on September 27, 2018).

Amol’s Initial Obstacles

  • If it’s not fun I won’t do it – I won’t have the motivation to do it.

B: Has it been fun?

A: Yeah, yeah.  I meant specifically for homework.  If there is any exercise that I have to do, if it’s not fun, but if I have you around to make me do it, that’s the motivation to do it.

B: OK, I got it.

A: And if it’s homework that I’m doing at home, if it’s too much of a bother to do it and if it doesn’t feel good enough, then I am not going to end up doing it.  I have very little will-power.

B: I don’t know about that.

A: I’m smart.  I’m not strong-willed. (smiling)

B: OK, cool.  This was your next obstacle:

  • Without accountability, it’s challenging for me to follow through.

B: Amol, please answer with absolute honesty. Don’t be a nice guy just because there is a camera on us, OK?

A: Sure.

B: OK, regarding accountability, did I give you accountability throughout this process?

A: I would say that you were a bit soft on me.

B: OK, especially where?

A: You could have chewed me out a bit sometimes.  You passed on some opportunities to do that.  But just working with a trainer is a large amount of accountability, so that definitely did help.

B: Good.  Your next obstacle was:

  • Too much information out there to know where to start.

B: Do you feel clearer about your path now?

A: Oh, definitely.  Yeah.

B: Good.

My View of Amol’s Progress

B: So this is my view of you.  I was really impressed with your Stick-to-itiveness (stuttering/laughing) in regard to focusing on one exercise at a time.  I witnessed you deliberately focusing on one thing for a long time.  You are the only client I have ever had that has approached training like this.  You’re awesome!  Things like foam rolling, which most clients don’t like at all, you have constantly done.  It’s painful sometimes, right?

A: I do it every time I work out.

B: You do. And we worked on Ankle mobility stuff for a long time.

Amol Verma Ankle Mobility

Photo showing a simple ankle mobility assessment. Amol was at about 3-inches from the wall – we were aiming for 5-inches or more

Squat Focus

B: Squats!  There’s a whole list of squats that we worked on.  First, we did Wall Squats over a 51cm box.  The box in the video below is at about 31cm.

A: Oh yeah!  I forgot about those.  Wall squats, yes, and we were doing Box Squats.

B: Yes, Heel Elevated Goblet Box Squats) with mini-band because you had valgus (knee cave).

A: Oh yeah, we had the band (mini band), too.  I forgot that.

B: Right?  So the step goes out (his ankle mobility improved, so we didn’t need the step to lift his heels up to squat properly, so we eliminated it), the band goes out (we eliminate it), we are getting rid of these things, we are going naked (not literally – just a joke).  Then we did squats without the box.  And then instead of the Goblet Squat, we transitioned into the Front Squat (video below) because the weight was getting quite heavy in front (too intense on the arms and Amol wanted to focus mainly on the legs).

Then we transitioned into Barbell Front Squats using a cross grip, as that worked best for Amol,

 

and then back squats.

So, it’s interesting.  We started with 4kg (9lbs).  The first weight that you held for Squats was a 4kg kettlebell.  Now you are doing a 5 by 5 training approach (basically 5 sets of 5 reps with a rest period of 2-minutes between sets.  5 reps is approximately 87% of the weight a person can do for a one-rep max, so relatively heavy weight is used.  Amol wanted strength improvements over aesthetic benefits, so I decided that the 5 by 5 approach would serve him very well)   What weight are you are using on Squats now?

A: 97.5kg (smiling)

B: 97.5kg (gives Amol a high-five).  So within 11 months, you have increased your strength on Squats by 93.5kg (206lbs).  Awesome!  And you are consistently getting stronger, no doubt?

A: Yeah, every time I complete my 25 reps (5 by 5 = 25 total) with good form, I increase by 2.5kg (5.5lbs) the next session.

Deadlift Focus

B: So after that, we focused on Deadlifts.  So once those Squats were “in” (meaning that he mastered then to a proficient level that we were both satisfied with) Deadlifts came in and we started quite high, like knee-high with two mats to keep a neutral spine.

A: Yeah, yeah, yeah, we always had those two mats doubled up.

B: We were aiming to keep a neutral spine and because Amol had some mobility issues in his hamstrings (they were tight), we needed to lift the barbell up so that he could keep a neutral spine during each rep.   And little by little, within a surprising 3-months, you went from that high-position of 2 mats all the way down to the floor.  So it took 3 full months to get your deadlift mobility to a level where you could pull from the floor.

The first day you came in, we used a wooden dowel to test your hip-hinge/deadlift proficiency.  That dowel weighs about 1kg (2.2lbs).  What is your 5 by 5 now on Deadlifts?

A: Last week, I lifted 85kg (187lbs).  So that’s an 84kg (185lbs) increase in about 9 months!

B: You have really inspired me Amol Verma!  I am doing heavy deadlifts once per week and up to this point, like you, I increase the weight by 2.5kg (5lbs) in the form of 2 x 1.25kg plates (see photo below) each time I complete all 25 reps – on the 5 by 5 protocol.  But thanks to you, I am seriously thinking of increasing the weight by 1kg (2.2lbs) each time I complete all 25 reps, as I have 2 x 0.5kg (1.1lb)  in my gym (see photo below). Most of the commercial gyms I have used in Tokyo don’t have these small 0.5kg plates.

lfbx gym 0.5kg plates

I probably train about 50 weeks out of the year.  And if each week, I can add 1kg (2.2lbs) to the bar, then in a year’s time, I have increased my Deadlift by 50kg ( 110lbs).  If I could do that, I would be double-body weight, meaning that I would be lifting 2 times my body weight, this time next year. It’s really cool to think that way, having no rush.  It’s a lifestyle about enjoying the journey.  And increasing the weight by 1kg (2.2lbs) each week would kind of feel like nothing.  If you had a bad day, you probably couldn’t do it, but otherwise, you would probably increase the weight virtually every week.  I’m excited to put this approach into action!

Upper Body Focus

B: OK, now we are on to the upper body. We didn’t start working on upper body movements until July 2019. So that means we worked on mobility, squats, and deadlifts for 10 months. That’s impressive.  That’s a true level of dedication to one thing at a time.  Awesome.  You Rock!!

A: Because we did Squats and Deadlifts for so long, I got used to them.  We always had good form, so I never went into any bad form.  And at some point, I started liking them enough that I wanted to do them even when I am on my own.  Like I’ll be sitting at home on a Saturday and get kind of antsy and think, “I wanna work out.”  That was never the case for me before we started training together.

B: That’s cool.  Yeah.  Do it right, man.  Another thing to add to what you are saying is that when you work the lower body like that, say with an exercise like Deadlifts, the upper and lower back is really getting worked, as well as the grip.  Even on Squats, your shoulders are getting worked, your core is getting worked. Another thing is testosterone.  There is so much muscle in the legs, that when you train them intensely, it stimulates the entire body.

For the upper body, as well as the lower body, we used compound movements, which means using 2 or more joints, as in the elbow and the shoulder in the case of the upper body and the knee, hip, and ankle in the lower body.  These compound movements use the most muscle, so they are most effective. We added movements such as Bench Presses, Overhead Presses, Rows, and Pull-downs.

A: Those are still compound movements, but Squats and Deadlifts involve a whole lot more, right?

B: Right, they do.

Focusing on the Details

A: And I think it’s worth spending the amount of time we spent on them just because they are so complex.  We had something new to pick out, something new to talk about my form, just about every week.   It takes that long.

B: It does.  Squats tend to bring up a lot of fear for people – putting a heavy weight on one’s shoulders and bringing it down.  Deadlifts can instill a fear of back injury, but on a Deadlift, you can just drop the weight to the ground, so it feels safer than squats for most people.   It’s in the details: breathing, holding the breath (Valsalva maneuver), and being aware of angles.

We did Dips and Pushups for the upper body.  And from all of these exercises we tried, you chose the exercises that you thought you would like to do on a three-day training program that you could take with you, that hits all the major muscles, so you can continue training during the two months you are in Canada.

A: That’s right.

Amol Verma on His Progress

B: Do you want to mention anything about your progress from your point of view?

A: Yeah, people say that they really want to work out.  And I say to them, “If you don’t really want to work out, that’s fine.  That’s totally fine.  Find something that you actually like doing instead of forcing yourself to work out.”  That’s one great reason to work with a trainer.  You will learn to like it.  And once you start liking it, it’s not work anymore and you just start doing it on your own.     That’s the whole reason I started working with you because I knew I didn’t have the motivation to do it on my own.  And now I’m at the point where I have the motivation to train with you and also without you. I think that’s really important and that has really worked for me with you.  We’ve always done things in a way that I like them.   If something felt weird, we moved away from it.

B: That’s right.  You have always been very clear about what you like and what you don’t when I would offer suggestions and solutions to mobility and stability issues we were facing.

Amol’s Clarity as a Decisive Student

A: One thing that worked out really well when it comes to YOU, is that I give you a really tough time as a student.

B: Ha ha ha!

A: And you roll with it really well.

B: Oh, thank you.

A: And you have the humility to let me choose my own direction.  I’ll say, “No, I don’t like what we are doing.  I want to do something else.”  And I rely on you as that source of knowledge.  You have a lot of know-how and I can draw upon it.  And you have no hesitation at all about me directing the show.  About me saying, “No, show me five more upper body exercises.  I don’t like these.”  You always come up with more.  That’s not only rare for trainers.  I think that this trait is rare for teachers in general.

B: I am a Learner, man.  I appreciate that you have chosen me as your trainer and I want to make sure that you like training.   I know that someday we are all going to say goodbye to each other and if you take with you that love of training or just the wisdom that you gained from learning how to exercise properly, it was well worth it for me.  In addition to that, you helped everyone else, all of my clients, because every time you pushed me to learn and grow, I raised my bar, and I was able to apply to other clients what I gained from helping you.  It’s like this interview.  Some people might watch it or read it and get some gems out of it, so Thank YOU, Amol.

A: You are welcome.

Amol’s Next Stage of Progress

B: OK, next goals!  What would be your next stage of progress?

A: I am already at the point of working out on my own and I know how to proceed – how to incrementally increase everything.  I still do need to come to you for training form.  An example of that is today, I am going to have you check my form on Deadlifts and Squats to make sure that I have maintained my form over the time we have focused on learning upper body exercises. Goal-wise, the next thing I might do, after a couple of months of strength training, is to see if I want to focus more on becoming leaner.  And you said that is easier than what we are doing right now.

B: Yeah, it is.  In some ways.  Temptation is hard.   I mean temptation from the outside – social pressure is the toughest part.  And when you get tired or stress builds up, it’s easy to go to unhealthy food or unconscious overeating for comfort.  The actual “Doing” (sticking to a nutrition plan) is straightforward.  In three months, you can completely transform your level of leanness.

A: So I may focus on that.

B: That would be great.  And I’m sort of an expert on that – ha ha ha!  I’m proof of it anyway (at the time of the interview I was very lean after doing a three-month only raw fruit diet).

B: I think there are smart ways to do it.  And the thing is, you have to like it.  That’s my job to show you how it can be really enjoyable, then it lasts with you for the rest of your life.

A: Yeah.

Amol’s Closing Words on Sustainable Goal Acquisition

B: I think you are a success, Amol.  In fact, I know you are.  I am certain of it.  Could you share something from life or from training that you think would help others?

A: Sure.  When you are trying to do something new, like training, where you are trying to acquire a habit, do it in a way that you can do it for the rest of your life.  So when you are dieting, if you are cutting out all carbs and sugar, can you do that for 70 years?  If you think you can keep it up, then yeah, do it that way. But don’t do things with the intent of short-term gain.  Always look at it in terms of building habits, which will keep rolling forward.  Their effect becomes bigger and bigger over time.  Think of it in that way and don’t get impatient when it is slow-going at first.

B: The Master – he’s got that down.  Amol Verma is Awesome.  Thank you.  That’s perfect.  It’s been an absolute pleasure working with you, Amol.

A: Same here.

B: Thank you.  You are a sweetheart, man.

A: Between you and me, we share a lot.

B: Yeah, you are part of my family, man.  So please never be a stranger.  I’m in your corner!  Have fun in Canada!  Alright, man.  (they give each other a big hug and shake hands)

Amol Verma and Bodhi Kenyon

Post-interview shot on the 8F of Urban Base – 8 Floors above LFBX Gym

深谷泰誠 ディズニーイマジニアリング、頑健、脚本家への追求

深谷泰誠 ディズニーイマジニアリング、頑健、脚本家への追求

私達の大切な仲間のひとり、深谷泰誠は知的で、忍耐強く、懐が深く、親切であり、常に自分を改善するために最善を尽くしています。 彼は、LFBXGYMでのトレーニングの他に、自宅で懸垂マシンを使ってトレーニングすることで、健康を改善し、体脂肪率を下げ、筋力と筋肉を増やしました。 彼はおいしい食べ物、ミュージカル、ミッキーマウスなどが大好きです。

深谷泰誠

深谷泰誠は間違いなく興味深い仲間です。あなたも私と同じように泰誠から沢山の価値を受け取ってくれると信じているので、彼を紹介できる事にとても興奮しています。

 

泰誠ようこそ。 あなたの事をみんなに教えてください。

B:深谷泰誠とは?

T:私はエンターテイナーであり、東京ディズニーリゾートのプロジェクトマネージャー(見習い)です。

B:何歳ですか?

T:37歳。

 

ルーツ

B:あなたのルーツについて教えてください。どこで育ちましたか?

T:私は東京で生まれ育ちました。

B:東京人!お母さんから何を一番学びましたか?

T:家族の大切さを学びました。

B:美しいですね。お父さんは若いときに亡くなったと聞きましたが、お父さんから一番学んだことを教えてください。

T:多くのことを学びましたが…しかし結局のところ、父は自分の死を通して「時間は限られているので、あなたの人生を生きなさい」と時間の重要性を教えてくれました。

B:お父さんが教えてくれたなんて素晴らしいです。奇妙な質問ですが、あなたは子供の頃にユニーク、又は超常的な経験がありましたよね?

T:はい。私は幼い頃、友人と燃えるUFOが空を飛んでいるのを見ました!信じられませんでした。

B:その素晴らしい話を以前話してくれたことを覚えています。次に、 20歳までの間で最も貴重な思い出は何ですか?

T:20歳になる前は、特に公園や自然の中で家族と楽しい時間を過ごしたことを覚えています。

B:20歳以降の最も大切な思い出は何ですか?

T:うーん、20歳以降。演劇の主演俳優としての最初のパフォーマンスは最高の思い出です。私の最高の思い出はいつも良い友達や家族と一緒です。

 

仕事

B:生計を立てるためにあなたが「する」ことに移りましょう。現在の仕事は何ですか?

T:ウォルトディズニーイマジニアリングのプロジェクトコーディネーターです。

B:それはいいね!その仕事について一番いいところとそれについて最も挑戦的なことは何ですか?

T:一番いいのは、それがディズニーだということです。私の仕事のすべては私にとって挑戦的ですが、私はそれのすべての部分を楽しむことができます!

B:ディズニーワールドオブイングリッシュとしても知られているワールドファミリーで長年音楽のパフォーマーとして働いていたので、あなたと私にはミッキーとミニーが共通していますね。もちろんディズニーが他の人にもたらす喜びがあります。

T:(笑)はい、そうです!

 

スポーツ、トレーニング、ダイエット

B:フィットネスと健康について少し話しましょう。

T:もちろん。

B:スポーツの経験は?

T:小さい頃から水泳に夢中になっていて、今は演技をしています。演技も一種のスポーツだよね。

B:演技はスポーツですか?どうして?

T:スポーツの場合と同様に、身体的な課題、精神的な課題、ライバル、そして良いチームワークと素晴らしい友達を作るチャンスがあります。

B:本当です!本当ですね!トレーニングについて説明しましょう。なぜLFBXジムで私と一緒にトレーニングすることにしたのですか?

T:私が住んでいたシェアハウスのRYOZAN PARKの友達が、あなたのトレーニングを勧めてくれました。

B:その友人は賢いです。トレーニングで一番楽しいことは何ですか?

T:自分の進歩感じることです。

B:すごい、そして私とトレーニングすることで一番楽しいことは何ですか?

T:会話です:)

B:ありがとう。私も同じように感じています。トレーニング目標で何を達成したいですか?

T:頑丈な心と体を実現したいです。

B:それは確かですが、深谷泰誠の頑丈な心と体の定義は何ですか?

T:表現するのは少し難しいですが…そうですね、私が頑張ろうと思うとき、私は大丈夫だ!頑張れる!と感じるまで自分を鍛えたい。

B:伝えたい事がわかったと思います。

T:よかった。

B:ダイエットの目標で何を達成したいですか?

T:平らなおなか。

B:良いゴール!あなたは「平らなおなかへの旅」にどのくらい近づいていますか?ゴールが100%の場合、どのくらいまで到達していますか?70%… 80%

T:20%になりました…もっと体重を減らして筋肉を増やすべきです!

B:OK、それは私たちが行くべきかなりの距離があることを意味します!旅の最後の80%を妨げる最大の障害は何ですか?

T:うーん…運動量だと思う。私は毎日運動しようとしています。

B:それについて、一緒に解決していきましょう。

 

睡眠

B:では少し質問を変えて、睡眠について話したいです。平均して、一晩に何時間寝ますか?

T:7時間です。

B:いいですね、何時に寝て、何時に起きますか?

T:午前12:00までに寝て、午前7:00までに起きます。

B:十分な睡眠をとっていると感じますか?

T:はい。

B:パーフェクト。寝てから目覚めるのに最も理想的な時間は何ですか?その理由は何ですか?

T:今より1時間早い6時です。朝はもっと自由な時間を過ごしたいと思っています。

B:OK。朝6時に起きて、その自由な時間をどうしますか?

T:最初に自分のことを考えたいです。

B:わかりました。なぜ今それを実現させていないのですか?何がそれを妨げていますか?

T:そうですよね!実は、子供の頃から眠気が問題でした…

B:この問題を解決するために、食事と睡眠習慣を変更するのが賢明かもしれません。 QOLに大きな違いをもたらす可能性があります。

T:そうかもしれません。

 

深い睡眠をとる為のお勧め

B:毎晩より良い睡眠をとるために、一つだけ人に勧めるとしたら何をお勧めしますか?

T:ベッドルームでリラックスした香りを楽しんでください!私は認定アロマセラピストであり、購入にはスパセイロンをお勧めします。妹が私にプレゼントしてくれたのは、一流のフレグランスのスパセイロンのスリープインテンスドリームバームで、とても気に入っています。直感的に香りを選ぶことをお勧めします。あなたの直感を信じてください。

B:うわー、初めて知りました。あなたの嗅覚は敏感なことは知っていましたが、あなたが認定アロマセラピストであることを知りませんでした。教えてくれてありがとう。スパセイロンは、海外でも日本でも購入ができます。

脚本家への追求

B:さて、泰誠の良い睡眠へのアプローチがわかりました。次に、今あなたの人生の夢と、それをどのように追求しているかについて話してください。

T:確かに、私の夢は真のエンターテイナーになることなので、台本を書いています!

B:素晴らしい!夢に向かって取り組んでいる現在のプロジェクトを共有してください。

T:はい、動いている電車の中で演劇を上演する予定で、今その脚本を作成しようとしています。

B:それは素晴らしいニュースだ、泰誠!!おめでとうございます!これについての詳細がわかったら、私に教えてください。ここで共有します。

T:OK。

 

人生の好きなもの

B:ありがとう。深谷泰誠とは何かをもう少し詳しく教えてください。あなたの好きな3つの趣味は何ですか?なぜ好きですか?

T:書くこと、演技すること、料理すること、それらはすべて創造的だからです!

B:好きな本は何ですか?その理由は?

T:ロビン・シャルマの「Who Will Cry When You Die(3週間続ければ一生が変わる:最高の自分に変わる101の英知)」。それは私の人生全体を変えました!

B:私はロビン・シャルマのファンであり、トロントで数年前に開催されたセミナーで直接会いました。彼は良いものを提供する非常に賢明で謙虚な人です!実際、彼は私の会社をGRIT KK(Kabushiki Kaisha)と名付けるように私を直接促しました。

T:知らなかった!クール!

B:幸せになりたいとき、好きな音楽は何ですか?

T:JAZZ、特に陽気なJAZZ。

B:陽気なのは良いね。お気に入りのミュージカルと、それが好きな理由を教えてください。

T:1)ウィケッド2)ライオンキング3)春の目覚め4)アベニューQ…..ああ、私は理由を説明できません!これらの素晴らしいミュージカルをあまり深く考えずに見に行ってください。この4作品だけでなく、たくさんのミュージカルを楽しんでください。

B:東京ディズニーランドまたはディズニーシーでお気に入りのアトラクションと、それを気に入った理由を教えてください。

T:私は「タートルトーク」が大好きです。私はチームを構築するメンバーだったからです。

B:好きな色は何ですか?

T:私は虹のすべての色が好きです。カラフルな状態が好きです。

B:いいね。好きな食べ物は何ですか?その理由は?

T:ハンバーガーが好きです。アメリカ人はハンバーガーが大好きですよね?

B:はい、ほとんどのアメリカ人は大好きです。お気に入りのレストランとお気に入りの料理を教えてください。

T:東京の潮見のSkippers’が大好きです。彼らのハンバーガーは日本一のハンバーガーの一つです!

B:コーヒー?お茶?ビール?その他?リラックスして気分が良くなるために好きな飲み物は何ですか?

T:自然の中でおいしいビールを飲むのは最高です!

B:そうでしたね。

 

並外れた存在になるためのヒント

B :  あなたがやめれば健康を改善できるとわかっているけど、毎日食べてしまう物は何ですか?

T:加工食品!

B:はい!!!加工食品を減らし、最終的に取らなくすることは、私たちの健康に大きな変化をもたらします。

T:私もそう思う。

B:泰誠、あなたはいつも冷静で忍耐強く見えます。ストレスを克服する方法についてのあなたの一番のヒントを教えてください。

T:食事が良くなり、眠りが深まるほど、私は落ち着いて忍耐強くなると思います。

 

深谷泰誠のファンになる

B:賢者からの本当の言葉! OK、泰誠のファンになるにはどうすればいいですか?オンラインでどのように見つけることができますか?

T:今、フェイスブックから深谷泰誠と検索すると私を見つけることができます。近い将来にブログを開設する予定です。

B:ありがとう、友よ。あなたが私の大切な友人で、今日ここで私と私たちの読者に泰誠のことを分かち合う時間を丁寧に作ってくれたことに感謝します。

 

最後の言葉

B:深谷泰誠に最後の質問です。ルックスや気持ち、または並外れた存在になるために最も重要だと思うことは何ですか?

T:「何もするのに遅すぎることはない」と信じています。言い換えれば、「今がこれからの人生で一番若い」。時間には一定の制限がありますが、いつも選択したことを行う時間は十分にあると考えています。

B:よく言った、泰誠。心から同意します!この数日中にあなたからのこの贈り物をみんなに共有するのを本当に楽しみにしています。ありがとう!!Continue to be extraordinary!!

Taisei Fukaya

LAXでのLFBXの代表