Using Your Smartphone as a Supplement

Using Your Smartphone as a Supplement

What Do you Mean by Smartphone as a Supplement?

These days there are supplements for virtually everything.  Health supplements come in the form of pills, powders, tinctures, and drinks.  Some supplements are for beauty, some are for health, and some are for virility.  My cabinets used to be ‘Supplement City’, filled with all sorts of proteins, BCAAs, vitamins, minerals, herbs, etc, but now I am virtually supplement-free.  I don’t even have pain-killers, like ibuprofen or aspirin in my house anymore, as I don’t need them.  I have learned to eat in a way that optimally supports my body and mind, so I don’t rely on supplements anymore.

The way I look at supplements is the way I endeavor to look at my smartphone.  It is something I didn’t own or even need when I was a kid or even when I was in my 20s.  iPhone rolled around when I was 37 in 2007 and I have been using one ever since.  After using my iPhone for many years, I realized it became an addiction of sorts, as I was constantly connected to the world and when I got “likes” or messages on social media, I would feel a dopamine surge.  I realize now that I don’t need these dopamine rushes as I did before.  My iPhone is there to supplement my life intelligently and as minimally as possible.  I like to keep things simple.

Can You Remember Life Without a SmartPhone?

I’m sure some of you can remember the days when smartphones weren’t a part of daily life.  I admit that I love the convenience and the variety of features on my iPhone.   I also love that I am able to put it away or shut it down when I want to.

Younger generations may not understand why anyone would want to completely turn off their connection with everything good in the world like Instagram, YouTube and the like.  However, most Gen X and some Millennials may be able to relate to what I am sharing here.

Noise-Less Environment

I know that some very creative and prolific people thrive in an environment where there are movement and an exchange of energy between people around them.  An example of this is JK Rowling who wrote the Harry Potter series.  She is known to have written most of her work in a café in Edinburg, Scotland.  For me, I don’t have any issues with people being around me, but I do my best work in utter silence.  So when I am traveling or working outside of my cave, I would probably need the assistance of some top-notch noise-canceling headphones to get my deep work done properly.

Notification-Less Lifestyle

I am 100% open to people who love their pinging notifications.  That’s just not my jam.  I find it very distracting, so my notifications are always off.  I let people around me know that if they need me quickly, they’ll need to use “the phone part of their smartphone” and call me.  I’ve noticed that these days people hesitate to call, which makes me smile because it’s cute and considerate.   It’s like they don’t want to bother you.  However, it’s not effective if you want someone’s attention right away, especially someone that doesn’t check their messages for hours at a time like me:-)

My Early Morning Smartphone Approach

My iPhone kindly wakes me up every morning.  I put at the other end of my apartment so I have to really get up to turn it off.  When I wake up in the morning, I don’t check my iPhone for emails or social media.  That is not what I want to look at first thing in the morning.   I find that I am most productive in the early hours, so I get to work on fun projects first thing.  After I finish a project or two, I look at my emails and messenger to see if there are any messages that need my attention and attend to them.

My Evening Smartphone Approach

There is so much cutting edge research these days on how vital good sleep is to balancing all other aspects of life, such as cortisol levels, stress, cravings, mood, productivity, etc.. Matthew Walker, Max Lugavere and Dr. Rangan Chatterjee  are guys I respect and trust to be sharing well-researched, honest and helpful information.  They all share that in order to get the deepest sleep, it is best not look at our cell phones or computer screens before bed.  I do my best to turn off all screens (pc and cell phone) about an hour before I go to bed.   I even like to turn off all the lights in my home about thirty minutes before sleep and light up a few candles.  When I do this and bedtime rolls around, I generally fall asleep within seconds.

Smartphone Holidays

Currently, I take off one full day per week on Tuesdays.  And the last few days of each month, my wife and I take a 2-3-day Holiday.  During those days, I would like to turn off my smartphone completely and sometimes I can garner the courage to do so.  There are other times I can’t.   It can feel like I am cutting out the rest of the world with such an audacious action.   It’s almost like I have a heroic responsibility to be available through my cell phone.   Do any of you have that same strange feeling of duty?  Perhaps it’s just a fear of missing out on a call or opportunity.  I’m not sure.

There are times that I do shut it down and I feel better for doing so.  It’s a form of completely relinquishing ‘that’ out there.

Smartphone Siesta

Do you feel that you are too attached to your smartphone and social media?  If so, do your best to give it a rest sometime.  Give it a Smartphone Siesta and see how liberating that can be.  See if you are addicted to it or not.

Smartphones are wonderful, no doubt.  There are also many great things you can do in the world that are outside the realm of the Stupendous Smartphone.

Be Extraordinary!

Bodhi

 

80秒のトータルライフ向上-スプリント

80秒のトータルライフ向上-スプリント

実際のスプリント

急な坂道を10秒間全速力で走るスプリントの様子について簡単に投稿したいと思います。 このタイプのトレーニングの要点に興味がある人は、この詳細な投稿を読んでください。

スプリントは簡単

難しいことではないことを示すことで、スプリントをするようにあなたを奮い立たせたいと思います。 必要なのは、信頼性の高いランニングシューズ、安全に走れるスロープ、タイマーなどです。

これは、8ラウンドのうちの1ラウンド15秒のビデオです。 丘の斜面は急勾配であるため、速度を出すのが難しいことがわかります。 これにより、関節の強度が高く安全に保たれます。 このビデオを最初に見たとき、実際に走っているスピードがどれほど遅いかに驚きました。私自身は、できる限り多くの速度、パワー、エネルギーを出しているように感じます。

世界で6番目に人口の多い都市でスプリント

東京の午前10時頃のスプリントは忙しくなります! 今日のTRACKに何人の人がいたかと考えると面白いなと思いました。 1300万人がすむ東京中心部で通常多くの人が起きている時間帯に急な脇道でスプリントをすることができることを示しています。 2,400万人の都市である上海に良い丘があるのだろうか。

人生のチャンス

「スプリント」について私から直接聞いている人もいますが、それを試みることを恥ずかしがっている人もいます。 上記のビデオからわかるように、それは本当に簡単で、スプリントの速度を選択できます。 最大値の約60%から開始し、毎週約5〜10%ずつ引き上げます。 1〜2か月で実質的に100%の速度になります。 メリットはあなたの人生を変えることです!

読んでくれてありがとう

Be Extraordinary!

Bodhi

特別なひととき New York Grill Park Hyatt Tokyo

特別なひととき New York Grill Park Hyatt Tokyo

月に一度の特別なダイニング

私たちは月に数回普通のレストランに出かける代わりに、月に一度特別な場所に行くことにしています。先月と今月のランチに新宿にあるパークハイアット東京ニューヨークグリルを選びました。皆さんもご存知の通り、そのレストランはとても素敵で幸せにな気持ちにしてくれる場所です。

特別なサービスと景色

ニューヨークグリルのサービスは一流です。 彼らは私たちをとても大切にし、エレベーターのドアが54階に開いた瞬間から小切手を支払うまで一流のサービスをしてくれます。 ゼネラルマネージャーのTobias Schreiner は、その中心にいる人です。 彼はとても誠実で、会う度にうれしくなります。 私たちにとってのニューヨークグリルでの約3時間は、純粋な楽しみとリラクゼーションです。

Hitomiが東京で一番好きなパンとバター

先月、パークハイアットニューヨークグリルに行ったとき、Hitomiはパン、特にバターを食べていました。 彼女はそのバターがどれほど美味しいか数週間話していました。ここに、パンとバターがパン捕食者Hitomiの手の届くところにあります。普段彼女はパンとバターをほとんど食べないので、ここまで気に入るの稀です。

彼女はジョエル・ロブションのたっぷりバターが入っているCWAAAAAAZON(別名クロワッサン)に第2位の称号を与えました! 真剣に、クロワッサンが好きなら、パン専門店「LE PAIN de Joël Robuchon」をお試しください。新宿駅から徒歩2分です。

雑食 vs 肉食

ニューヨークグリルでは、メインコースとしてステーキ、魚、豚肉、ベジタリアンカレーなどのいくつかの選択肢を提供し、おいしいサラダ、おいしい肉料理、食欲をそそるチーズで満たされた素晴らしいビュッフェを提供しています。 Hitomiは雑食を楽しみ、私は完全に肉食を楽しみました。

雑食Hitomi

私はステーキを食べましたが、マッシュポテト、アスパラガス、ニンニクには触れませんでした。 ダメダメダメ!

肉食Bodhiは、もっと魚や肉を食べました…

豊富なビュッフェで見つけました。

大食いを克服した、大きなブレークスルー

幼少期からビュッフェに行くと、食べ過ぎることは私にとって問題でした。 私の食いしん坊の戦いは、ついに賢さが愚かさに勝ちました。 いつも痛みを伴う位満腹になるまで、私は必ず食べました。 今日は違っていました。 私は一口一口を本当に楽しみながら食べました。 それは私にとって本当に画期的な出来事であり、肉食ダイエットは、食べる量を意識的にコントロールできると感じる唯一の食事であると認めています。

東京で最高のデザートバー

私はスタークライアントであるピーターヴォンゴンに、ニューヨークグリルに行くと言った時、「ミスターミート、デザートバーの誘惑と頑張って」と言った。「ミスターミート」は、私の新しい肉食ダイエットでの彼の喜びでした。 高品質のお菓子の誘惑に抵抗できると思ったが、過去に惨めに失敗したので、それを保証することはできないと彼に言いました。 まあ、今日は魚と肉以外に一口も食べなかったので、「ミスターミート」の肩書を守れました。

地獄への誘惑-レベル1

地獄への誘惑-レベル2

私は地獄を乗り越えて、天国のテーブルに到着しました。デザートで2020オリンピックスタジアムを見下ろします。私はそれを「鮮魚の祝福」と呼びます。

聖なる私たちのデートの日

私たちにとって火曜日はいつもデートの日です。 週に6日、朝から晩まで一緒に仕事をしているので、火曜日は一緒に楽しむ日です。 今日は誰が見ても、豪華なランチデートの日です。 時々上野公園に行きます。 コストコに買い物に行くこともあります。 時々私たちはビーチに行き、時々私たちはただ横になって、一日中のんびりします。

パートナーシップを強くお勧めします

繋がっていて共有できるパートナーがいるのはとても良いことです。 私は14年間一人でいたので、パートナーがいない事、つまり孤独のオオカミを知っています。自分の時間とスペースを確保するのは本当に良いことですが、本当のチームプレイヤーとなるパートナーを見つければ、その人はゲームチェンジャーになるでしょう。私の人生は、Hitomiに出会ってより良くなりました。彼女との人生はとても充実していて楽しいです。 パートナーがいなくて、パートナーが必要な場合は、パートナーを得ることを優先事項にします。それを実現する方法を計画します。チャンスに任せないでください。あなたが愛し、あなたを愛しているパートナーとの人生は、とてもやりがいがあり、楽しいものです。はい、意見が合わずケンカになったり、難しい問題が起こる可能性もあります。その一つ一つが、絆をより深く、より豊かで、より愛情深くすることができます。意識的に成長することを選べば、お互いに成長することができます。

最後まで読んで頂きどうもありがとうございます。 私が共有したものにあなたが少しでも良さを見つけてくれることを願っています。

東京にいらっしゃる方は、ぜひパークハイアットニューヨークグリルでランチまたはディナーをお楽しみください。 素敵なドリンク、素晴らしいジャズの生演奏、そして東京の素晴らしい夜景がお好きなら、パークハイアットの54階にあるニューヨークバーをお勧めします。

友へ、贅沢な人生をお楽しみください。

Be Extraordinary!

Bodhi

あなたの選択はどっち?効果的?逆効果?

あなたの選択はどっち?効果的?逆効果?

「あなたの行動は、あなたにとって効果的なものかそうでないものの二つだけです。」

-ニール・ドナルド・ウォルシュ、神との会話、完結編

お坊さんと一緒に目覚める-私にとって効果的

今朝、午前4時半に目が覚めました。この2か月間、毎朝この時間になると目が覚めます。来年も、毎朝この時間に目が覚めるでしょう。なんでこんなことをしているの?私が午前4時半に起きる理由は、3年後に誰と何をするかについて非常に明確なイメージを持っているからです。このブログを書きながら、毎週27人の素晴らしいクライアントのトレーニングやコーチングをさせてもらっていることに気づきました。また、少なくとも今後3年間は毎日、ライティングとスピーキングのスキルを向上させながら学習を増やすことで、何百万人もの人々を助けることができることを認識しています。 それは私にとって効果的です。

朝一番にライティングをする-私にとって効果的

毎週火曜日は定休日です。 朝ゆっくり眠ることができますが、私はそうしません。 毎朝午前4時45分から午前6時45分の2時間、ライティングすることはとてもエキサイティングな時間です。冬になるとまだ、外は真っ暗です。それはとても静かな時間で、Macの前にいる私が新しく学んだことや理解したことが人々の健康に役に立ったり、人々のQOLを高めるための助けになるようなトピックを考えながらライティングしています。毎朝、ブログを完成させて公開することを目指しています。 最初の2時間で終わらない場合は、1日の終わりまでに公開することを目指しています。 ライティングは私を満たしてくるので、効果的です。

長時間労働-私にとって効果的

私の親しい友人の何人かは、私が毎日働きすぎだと言いいます。もう少し人生を楽しむ必要があると言います。彼らの気持ちも理解できるので、時には同意します。 また、仕事が私自信を本当に興奮させ、元気づけてくれることもわかっています。はい、私はたくさん働くかもしれませんが、仕事は私の毎日をとても充実させてくれるので、楽しく感じています。また、私は自分の枠を超えて広がるものを作成していると感じています。それは、関係するすべての人の楽しさ、興奮、高揚を高めるでしょう。ですから、毎日働く時間数と1年あたりの働く日数を見ると、ええ、私はたくさん働いているかもしれませんが、その仕事は本当に私にとって効果的です。

1日2時間の読書-私にとって効果的

子供の頃、読書が嫌いでした。 高校では、「ライ麦畑のキャッチャー」や「ハックルベリーフィンの冒険」のような本を読む必要がありました。 これらの書籍/課題などを読み終わらせたなんて信じられません。 理由はわかりませんが、私は読書に夢中になりませんでした。 今、私は毎日少なくとも2時間読んでいます。 特にマインドセット、健康、フィットネス、ライフスタイルなどのトピックについて読むほど、知識が広がり、クライアント、顧客、読者と共有することができます。 私はそれを愛し、それは間違いなく私にとって効果的です。

毎日30分のトレーニング-私にとって効果的

私はジムを所有していますが、以前は仕事と生活のバランスが整っていなかったため、あまりトレーニングをしなかったことがあります。最近、私は約30分間、週6日トレーニングしています。本当に楽しい!トレーニングは仕事の精神的な疲れに休憩を与え、そして、私の強さ、速度、または持久力をテストすることによって物理的な快適ゾーンから抜け出します。これは次のような非常に単純なアプローチです。

水曜日:重いデッドリフト
木曜日:ライトモビリティワーク&ストレッチ
金曜日:全身筋持久力トレーニング(軽いウエイトトレーニングと有酸素運動を混ぜています)
土曜日:Lシットホールドやヘビーケーブルプルオーバーのような重いウエイトを使った上半身トレーニング
日曜日:ライトモビリティトレーニングとストレッチ
月曜日:フルアウトヒルスプリント(10秒フルアウト、90秒ウォークバックリカバリーx 8ラウンド)
火曜日:休日のために、通常90分以上の散歩を楽しみます
このタイプのバランスの取れたトレーニング計画は、気分を良くし、見た目を良くし、あまり時間を必要としません。わたしにとって効果的です。

床で食べる-私にとって効果的

勤務時間の4〜9時間はクライアントをトレーニングしていますが、コンピューター前の椅子にも長い時間座って仕事をしています。椅子に座れば座るほど体が硬くなるので、ここ6ヶ月間は、家の中で足を組んで座って食事をするか、天気が良い日は東京を見下ろす8Fデッキに座って食事をすることにしました。 なににも寄りかかりません:-) 姿勢がつらい時もありますが、腰、腰、股関節が伸びているという点で、私にとっては効果的だと感じています。

午後8時30分に就寝-私にとって効果的

母に「ハニー、8時半!寝る時間よ 」と言われていた8歳の少年の頃のように、40年後、私は同じ就寝時間に戻りました:-) 私が約8時間眠り、午前4時半に目覚めるためには、午後8時半が私の就寝時間になります。かわいいでしょ??ほとんど午後8時半までに寝ているので、時々、午後9時半まで起きている日もありますが、その日はベッドに入ってから3秒以内にぐっすり寝ています。決して普通ではありませんが、私は深く、安らかな眠りを愛し、午前4時半にアラームが鳴るかなり前の午前3時50分から4時20分の間、自然に目覚めていることを楽しんでいます。7-8時間の睡眠は私にとって効果的です。

肉食ダイエット-私にとって効果的

私は肉食ダイエットを行っていますが、今のところ他のどのダイエットよりも私にとって効果的であることがわかりました。 私の人生全体を悩ませていたオナラや腹部膨満などの消化器系の問題はなくなりました。 私は1日2回、午前10時30分と午後4時頃に食べるだけで、間食は欲しいと思いません。 特定の食品やお菓子への執着、そして食べ過ぎることはなくなりました。 肉食ダイエットは私にとって効果的です。このダイエットについてもっと知りたいなら、以前の投稿をチェックしてください。

私にとって逆効果なことに関するいくつかのメモ

試行錯誤を繰り返して、逆効果なものを見つけることは、効果的なものを見つけるのに役立ちました。 そのいくつかのことを共有したいと思います。

不親切-私にとって逆効果

恨み、期待、嫉妬、競争、自分の価値を認めてもらうこと、そして思いやりの欠如は、私が生涯苦労してきた問題です。 これらをほとんどの人には見せませんが、自分が持っている一部です。明らかに私にとって逆効果なことです。私はそのような気持ちを持っていることを受け入れ、そこから学んでいます。自分の中にある原因をすぐに見つけ、他の人または関係する人の言動ではないことを学び、解決できることを見つけます。 100%の責任を負い、状況をどのように解決するかについて決めることは、私にとって効果的です。

ローフードビーガンダイエット-私にとって逆効果

最近、ロバート・モース博士のプロトコルに基づいて、2019年4月から7月までの90日間、身体を癒すために「生の果物と生野菜のダイエット」を行いました。 だから2019年4月11日から、私は全て口に入れるものを生の果物と生の野菜だけにして、飲み物は水以外取りませんでした。 私は77.6kg(171lbs)でスタートし、最終的に90日間で65kg(143kg)の体重になりました。 数週間は、ブドウだけを食べていましたが、本当に楽しかったです。

このダイエットの最大の問題:

  • 私は絶えず体の芯まで冷えていると感じました。汗をかくのに十分なほど体を温めることができたのは、摂氏48度の風呂に入ったときだけでした
  • 2〜3時間ごとに空腹でした
    デーツ(ナツメヤシ)やイチジクなどのドライフルーツに夢中になり、時々食べるのをやめられませんでした。
  • 私は性衝動を3ヶ月以上完全に失いました-妻はそれについて不満でした:-)
  • 5kg(10lbs)以上の筋肉量を失いました
  • 私は完全にトレーニングへの欲求を失いました

私の妻の食事は約60%が生の食べ物で、特に果物を食べており、見た目も気分も良いので、私はローフードビーガンアプローチを否定していません。 妻は4回以上の懸垂ができ、6パックを持ち、朝から夜まで私と一緒に仕事をしているので、妻にとっては効果的です。

毎日のテレビ-私にとって逆効果

テレビ、Netflix、Amazon Primeには素晴らしいものがたくさんあると思います。月に2〜4回妻と一緒に映画を見て、とても楽しんでいます。 毎日の視聴は私にとって逆効果なので見ませんが、時々効果的です。

持っているものを取り出して、あなたにとって効果的なものを見つけてください

私はただ、自分の経験をあなたと共有したかっただけです。あなたにとって私の経験が効果的になったり、あなたの今の習慣をより深く見直すためのきっかけになる事を期待して。

ほとんどのクライアントは午前1時まで起きています。彼らは午前7時頃に起きるので、睡眠時間は6時間です。 あなたもですか? もし同じ睡眠リズムなら、いくつか聞かせてください。あなたの頭や体の働きはとても良く仕事の効率は良いと感じていますか? 健康的な食事を食べていますか? 朝一番にコーヒーを飲み、朝食はデンプンでできた甘い食べ物を食べていますか?これはあなたにとって効果的に働いていますか? それなら、すごい!! もし、そうでない場合は、あなたの生活習慣を見直して、あなたにとって効果的に働いてくれることを見つけてください。あなたの人生であなたにとって逆効果になっていると感じるものを深く見てください。

もし、助けが必要なら教えてください。

読んでくれてありがとう。

Be Extraordinary!

Bodhi

フィットネスを習慣にするはじめの1歩

フィットネスを習慣にするはじめの1歩

ステップ1-きっかけ

最近、ほとんどの東京人が出かける前、早朝に運動していることに興味を持ちました。LFBXジムの使命は、人々が望む最高レベルのマインドセット、健康、フィットネス、ライフスタイルを達成できるよう手伝うことです。私は仕事に追われていることを理由に、  私のフィットネスに関しては使命を果たしていませんでした。そこで、改善する方法を考えることにしました。

ステップ2-ウォーキング

フィットネスの改善には、妻と20〜30分歩くのが完璧なアプローチであることがわかりました。それは次の理由からです。

  1. ハニーと一緒に歩く速さは、会話ができるペースです。私たちのウオーキングには、コンピューター画面、携帯電話、本、食べ物などはありません。道路、歩道、少数の人々と車だけ。そのおかげで、他に気をそらされることなく、私たちは日常の事や未来の事などを話すことができます。コミュニケーションをとるのに最適な方法です。手をつなぐ絶好の機会でもあります。
  2. 朝日や雨の中、可能な限り多くの自然とコミュニケーションを取りながら、夜の深い眠りに向けて毎日の概日リズムを設定することが証明されています。より良い睡眠に関するいくつかのヒントについては、Dr. Chatterjee by4によるこの短い記事(英語)を参照してください。
  3. 空腹時にファスティング状態でしっかりとした運動をするのに最適な時期です。空腹時運動の利点の詳細については、Micheal Matthewの投稿(英語)を参照してください。
  4. ウォーキングは、関節にやさしいエクササイズで、優れた有酸素運動の利点もありますが、なによりとても簡単です。

ステップ3-毎日の習慣にする

私たちは、ウォーキングが非常に楽しい習慣であり、他の時間にもエネルギーをもたらす影響があることがわかりました。一部の人々は、他にもやることがあるので、運動する時間がないと思っています。しかし、ウォーキングなどのインテリジェントな運動は、集中力を高め、感情的および精神的ストレスを軽減し、自分の健康を管理しているという達成感を味わえることに役立つと考えています。

ステップ4-楽しみのために進捗状況をトラッキングする

健康に関する最近の傾向は、ヘルストラッキングです。最近ヘルストラッキングが流行っているので、少しやりすぎている人を見かけます。私はミニマリズムが好きですが、自分の努力を数値化し、フィットネスを少しゲーミングすることは楽しいと思います。健康をトラッキングする4つのユニークな方法に関する以前の投稿を少し紹介します。iPhoneを持っていて、歩数を追跡したい場合は、ヘルスケアアプリを使用できます。上記の[ヘルスケアアプリ]では、トラッキングする方法を確認できます。安定したペースで歩くと、10分ごとに約1,000歩かかるため、10,000歩を歩くには、約100分(1時間40分)必要です。少し「ステップアップ」して、90分に短縮できると確信しています。私はウォーキングを行いますがありますが、毎日の「必須」にはしません。ウォーキングは、午前中に30分、午後に30分、夕食の前後に30分、1日を通して3 x 30分のアプローチで簡単に行えます。

ステップ5-片道10分間のウォーキング

毎朝ウォーキングを練習していないクライアントへの提案は、通常よりも30分早く起き、カロリーなしの水、紅茶、コーヒーを飲んで、タイマーを10分間セットして、歩くことです。 タイマーが鳴ったら、家に戻れば完了です。 お気に入りのAudibleの本、ポッドキャスト、または歌を聴いて、気分を良くすることをお勧めします。 もちろん、歩くだけで自然の音と周囲の世界の音を楽しむことができます。 ウォーキングは、テンポと足音を通して非常に素晴らしいリズムを設定するため、マントラもウォーキング中に適しています。マントラは、難解である必要も、スピリチュアリズムや宗教に基づいている必要もありません。「エクササイズが大好き」と同じくらいシンプルで楽しいものにすることができます。または、「私は素晴らしい」など。これらを創造すること自体がとても楽しいです。

ラストステップ-さすらいを楽しもう!

気分が良くなり、より深く眠り、直感的に、もう少し動くことが健康であることを確認したい場合は、まずさすらいのお散歩に出かけましょう。10,000歩は非常に良い目標であり、午前中の最初の20〜30分であっても、習慣になれば人生に有益で顕著な変化をもたらすと信じています。

読んでくれてありがとう。

私はいつもコメントを楽しみにしています。

Be Extraordinary!

Bodhi the Ramblin’ Man

 

Luxurious Dining – Park Hyatt Tokyo-New York Grill

Luxurious Dining – Park Hyatt Tokyo-New York Grill

Once a Month Luxurious Dining

Instead of going out to ordinary restaurants several times per month, we have decided to go to one extraordinary place once a month.  As our influence, service, and income grow, we will be enjoying luxurious dining more and more.   We chose The Park Hyatt New York Grill, in Shinjuku for lunch last month and this month, as we know it delivers a whole lot of happiness.

The Kenyons

Extraordinary Service and View

The Service at the New York Grill is Top-Notch.  They take such good care of us and give us first-class treatment from the moment the elevator door opens on the 54 Floor until we pay our check.  The General Manager, Tobias Schreiner is such a heart-centered guy.  He’s very sincere and I’m always happy to see him.  Our total experience at the New York Grill is generally about three hours of pure enjoyment and relaxation.

The view of Magnificent Tokyo and Yokohama from our table

Hitomi’s Favorite Bread and Butter in Tokyo

Last month, we went to the Park Hyatt New York Grill and Hitomi was beside herself with the bread and especially the BUTTER.  She went on and on for a few weeks about how good that butter was.  Here is what that bread and butter looks like up close from the eyes of the Bread Predator Hitomi.  She isn’t normally a Bread & Butter-tarian unless she is somewhere fancy like this.  She gives Joel Robuchon the #2 spot for his boldly buttery CWAAAAAAZON (aka croissant)!  Seriously, If you like croissants, give Joel Robuchon’s specialty bakery a try – it’s a 2-minute walk from Shinjuku Station.

Bread and Butter of the Gods

Omnivory vs. Carnivory

The New York Grill offers several choices, such as steak, fish, pork, and a vegetarian curry as the main course and an amazing buffet filled with salubrious salads, delectable meat dishes, and tantalizing cheeses.  Hitomi satisfied her omnivorous side and I enjoyed my carnivory completely.

Omnivorous Hitomi

I ate the steak but didn’t touch the mashed potatoes, asparagus or garlic.  No, no, no!

Carnivorous Bodhi

I did eat more fish and meat…

Which I found on the bountiful buffet.

A Big Breakthrough in Overcoming Gluttony

Gorging has been an issue for me since childhood when faced with a buffet. My gluttonous side has always won in the battle of wills between smart and stupid.  I would eat, without fail, until I was painfully full. Today was different.  I ate consciously and truly enjoyed each and every bite.  It was truly a breakthrough for me and I accredit that to the carnivore diet, as it is the only diet where I feel I have conscious control over the amount of food I eat.

The Best Dessert Bar in Tokyo

I told my star client, Peter Von Gomm, that we were going to The New York Grill and he said, “Good luck with the dessert bar, Mr. Meat.”  The “Mr. Meat” was his jest at my new carnivore diet.  I told him that I thought I could resist the temptation for high-quality sweets but couldn’t guarantee it, as I had failed miserably in the past.  Well, I didn’t have a single bite of anything but fish and meat today, keeping my title as Mr. Meat.

Temptation from Hell – Level 1

Temptation from hell – Level 2

I overcame the hells and have arrived at my heavenly table, overlooking the 2020 Olympic Stadium with my dessert – I call it “Piscivore’s Delight”.

Sanctifying Our Date Day

Tuesdays for us is always a date day.  We spend 6 days a week working together morning to night, so Tuesday is our day to enjoy downtime together.  Today is obviously our luxurious lunch date day.  Sometimes we go to Ueno Park.  Sometimes we go shopping at Costco.  Sometimes we go to the beach and sometimes we just lay around and chill all day.

Partnership is Highly Recommended

It’s so good to have a partner to connect with and share with.  I was alone for 14 years, so I know the other side of not having a partner – being a lone wolf.  It can be really good to have your own time and space, but finding a partner that is truly a team player, is a game-changer.  Everything about my life is better with HItomi, period.  Life is so much more full and enjoyable with her presence.  If you don’t have a partner and want one, make it a priority to make it happen.  Plan how you are going to make it happen.  Don’t leave it up to chance.  Life with a partner you love and who loves you back is very rewarding and fun.  Yes, there may be fights and issues that arise and each of those fights and issues can make the bond deeper, richer and more loving.    Growth is there for us if we consciously choose it.

Thank you for joining us today.  I hope you found some goodness in what I have shared.

By all means, if you are in Tokyo, go to the Park Hyatt New York Grill for Lunch or Dinner.  If you like nice drinks, amazing live Jazz music and a gorgeous nighttime view of Tokyo, go to the New York Bar, which is also on the 54th Floor of the Park Hyatt.

Enjoy the Luxuries of life, my friend.

Be Extraordinary!

Bodhi