The First Step to Fat-Loss: Time-Restricted Eating (TRE)

The First Step to Fat-Loss: Time-Restricted Eating (TRE)

Fat Loss – One Step at a Time

Let’s get rid of that extra body fat, step by step, one phase at a time.  Time-Restricted Eating is an approach that I believe will work for everyone that commits to it.  It takes things one step at a time and you don’t take the next step until you have OWNED the ONE you are on.  You need to ETR (Earn The Right) before moving on to each subsequent step.  This is how you will achieve Extraordinary Results over time.

Our First Step: Time-Restricted Eating (TRE)

Time-Restricted Eating (TRE) is sometimes also referred to as Time-Restricted Feeding (TRF). TRE is eating within a window of 12-hours or less. Most people eat on a 15-hour window, so they are only in a fasted state for 9 hours.  For example, they might have a cup of coffee with milk at 7:00 am, and then have their last bite of food at 10:00 pm.  Our goal in this first step is to master a 12-hour eating window first for at least 7 days.  Eventually, some of you may choose to eat within a 10-hour, 8-hour, 4-hour or even 1-hour window on TRE. Eating within a one hour window is known as OMAD (One Meal A Day).  I recommend decreasing the eating window to deepen the benefits of TRE, but only after you master the first step, which is at least 7 days of perfect adherence to a 12-hour window. 

Why 12-hours?

When you eat a normal meal it generally takes 3-5 hours for your body to digest and absorb the food you ate. Insulin rises significantly, shutting off fat-burning completely and also triggering excess calories to be stored as fat.

After this digesting and absorbing process, your body goes into the post-absorptive state where the components of your last meal are still in circulation.  This post-absorptive state can last for 8-12 hours after your last meal.  So it takes approximately 12 hours after the last bit of your last meal to enter the fasted state.  The fasted state is the period when your body can burn stored body fat that hasn’t been accessible during the fed state.

Until you are in the fasted state, your body is burning sugar as fuel in the form of glucose.  From this 12 hour period, your body can start burning body fat as fuel.  That is what we are aiming for here – annihilating excess body fat.

Time Restricted Eating clock

A simple example of fasting and eating on a 12-hour eating window

What if I Can’t Fast for 12-Hours?

If you are thinking this way, just stop.  You can do it.  I believe most people can fast for 12-hours if they decide to.  The decision is yours.

Who Discovered the Benefits of TRE?

Professor Satchidananda Panda, a prominent researcher from Salk Institute in La Jolla, California.  If you want to dig deep into the science of this, please read this PubMed article by Professor Panda.   Professor Panda’s book – The Circadian Code covers this subject in depth.

How Did Professor Panda Discover It?

While researching how the liver’s daily cycle works, he found that mice that eat within a set amount of time (8-12 hours) resulted in slimmer & healthier mice than those who ate the same number of calories in a larger window of time.

How Could This Discovery Help Us Live a Healthier Life?

This discovery shows that the timing of eating may be as important as what is eaten.  If TRE works for humans as it does for mice, we will be slimmer and healthier.   This approach might stave off high cholesterol, diabetes, and obesity.

How Do I Apply Time-Restricted Eating For Fat-Loss?

  1. Decide when you are going to eat your last meal of the day
  2. Eat it and log the time that you finish your last bite or drink if it is a caloric drink
  3. Make sure that you don’t consume any calories in the form of food or drink for at least 12-hours.
  4. Log the time you have your first calorie in the morning in the form of food or a caloric drink.
  5. Do this every day for 7 days
  6. If you are an LFBX Gym Client, let us know when you start TRE for Fat-Loss and then submit your results to us on the 7th day via email.

Notes: Water, herbal tea, black tea or coffee are non-caloric drinks and permissible during the 12-hours that you are not consuming food or drinks as long as there is no dairy (milk or cream), sweeter (honey, maple syrup, sugar) or soy or nut milks in them.

Stevia, Erythritol, Xylitol is ok, but I suggest that you don’t have anything sweet during these 12 hours.  You can eat sweet things during your eating window.

Also, refrain from artificial sweeteners like sucralose, saccharine, aspartame and the like as well as Coke Zero or other zero-calorie sodas or gelatins – they are poisonous and harm your health.

Salt, added to your water to balance electrolytes, is acceptable.   I recommend this Okinawan sea salt for people in Japan.  For people in the States, I recommend Redmond Real Salt.

You can brush your teeth – but don’t eat the toothpaste.

If you have any questions, drop all hesitation and ask us immediately.

Be Extraordinary!

Bodhi

 

ダイエットに効果的!1日2分間のトラッキング

ダイエットに効果的!1日2分間のトラッキング

ダイエットをトラッキングする簡単な2つの方法

ダイエットに真剣に取り組んでいる場合、食べるものが体脂肪に与える影響についての認識を高めるのに役立つ方法が2つあります。

ダイエットをトラッキングする為の武器その1ー体重計

最初の方法は毎朝行い、作業には2分かかります。手順は次のとおりです。

  1. 毎朝、何かを口にする前にトイレを済ませてください。
  2. 体重を測定します。 私が使っている体重計はこちらです。あなたが服を着て測定する場合は、いつも同じ服を着てください。私はヌードで測るので、私は服の重量について考える必要はありません。
  3. 毎日あなたの朝の体重を記録してください。
  4. 体重が増えたり減ったりした場合は、前日の食事の内容や時間を見直してみましょう。
  5. 毎日自分の体重を測る事で、自分の体への意識が高まり、あなたのダイエットを助けてくれます。

フィジークコンテストのためのダイエット方法として使ったトラッキング

この簡単な追跡システムの使用方法とその結果の個人的な例をいくつか紹介します。

1つ目の例は、Best Body Japanと呼ばれるフィジークコンテストの準備でした。 私はコンテストの準備のためにオンラインダイエットコーチに指導してもらっていたので、私たちは私の脂肪燃焼方法のコミュニケーションとしてエクセルを使用しました。 下の表です。

4月13日の81.9kgから5月18日の78.6kgに行ったので、5週間以内に約3.3kgの脂肪燃焼ができたことがわかります。もちろん、私はトレーニングをしていて、食事は非常に厳しく、毎日すべての主要栄養素(タンパク質、炭水化物、脂肪)を計算していました。私はこのブログで「24時間のファスティング」についてこのスタイルのダイエットについて書きました。フィジークコンテストに参加する場合、又は非常にスリムで筋肉質な体が必要な写真撮影がある場合にのみお勧めします。

私の体を癒すことを願ってこのシステムをどのように使用したか

2つ目の例は、最近、腎臓の問題を改善することができるかどうかを確認するために90日間の生のフルーツダイエットを行ったときのものです。短期的には、生のフルーツのみの食事またはローフードビーガンの食事が有益だと思います。妻のひとみは、毎日食事の約60〜70%は生の果物や野菜をたべていますが、私には効果的ではありません:-) 下の表で、すべて生のフルーツだけで脂肪の減少がどのくらい早く起こるかを見ることができます。これは2019年の記録で、4/11は日付、2列目は体重、3列目は毎日の経験に関するコメントです。

4月11日の体重77.6kgから5月7日は71.4kgになったことがわかります。これは4週間以内に体重が6.2kg減ったことがわかります。私が体格コンテストで行ったマクロ管理法の食事とは異なり、上記の私が行ったフルーツだけの食事では、筋肉と脂肪の両方が大幅に減少しました。だから、もしあなたがすべて生のフルーツだけのダイエットをする場合、たんぱく質が非常に少なくなるので注意が必要です。これら2つのタイプの食事は、それ自体が深いテーマであるため、今後のブログで詳細に掘り下げていきます。下の写真は、脂肪の損失と筋肉の損失の観点から各食事の結果の写真です。

Bodhi Kenyon tracking fat-loss muscle Bodhi Kenyon tracking for fat-loss skinny

これらの写真から、体脂肪を減らしながら筋肉(除脂肪体重)を維持する上でタンパク質がどれほど重要であるかがわかると思います。左の写真では、体脂肪が約8%で77kg(169ポンド)だったため、除脂肪体重は約71.8kg(158ポンド)でした。右の写真では、体脂肪が約8%で67kg(147lbs)だったため、除脂肪体重は約61.6kg(136lbs)でした。それは約10kg(22lbs)の筋肉の違いです!うわぁ!

ダイエットをトラッキングする為の武器その2ーメジャー

二つ目の方法は、週に一度トラッキングする方法です。この方法は、ダイエットに真剣に取り組んでいる私のクライアントの何人かが使っています。それは、週に一度体重測定値を私に報告し、それに対して私は、彼らが自分の目標を順調に保つために必要な正直なフィードバックを与えます。このフィードバックに加えて私がしていることの1つは、週に1回ウエストを測定することです。なぜそれをしていると思いますか?それは、特に、私と一緒に筋力トレーニングをしているクライアントは、除脂肪体重(基本的には体重から体脂肪を引いたもの)が増加することを知っています。言い換えれば、彼らは筋肉を増やそうとしているので、彼らの増えた筋肉量に比例して有意な体脂肪を失わないのであれば、体重計の読み取りだけで、脂肪をまったく失っていないように見えるかもしれません。ビフォーアフターの写真も、結果を見ることができるため役立ちます。彼らの筋力の向上も、筋肉を獲得しているという事実を裏付けています。つまり、筋肉(除脂肪体重)を増やしているということです。クライアントのウエストを測定するために使っているお気に入りのメジャーは、この方法と同じくらいシンプルで簡単なメジャーです。

ダイエットをトラッキングする際のウエストの測定方法

ウエストが約1cm(0.4インチ)小さくなるごとに、約1kg(2.2lbs)の脂肪の損失があることがわかりました。 私たちは皆、脂肪が体にとどまることを好むさまざまな場所を持っていますが、ウエストは実際の脂肪燃焼の優れた指標であることがわかりました。

シンプルに保つために、下の画像のようにおへそ全体を直線で測定し、毎日の体重測定値を記録するのと同じ場所に結果を記録します。

ご覧のとおり、毎朝2分の単純な時間で、体組成に大きな違いが生じる可能性があります。 もちろん、目標を達成するためには、食事と運動を調整する必要がありますが、あなたが目標に真剣に取り組むのであれば、このトラッキングは間違いなくあなたのダイエットの役に立ちます。

この情報が誰か他の人を助けることができると感じたら、記事をシェアしてください。 そして、コメントはいつでも歓迎します。

読んでくれてありがとう。

Be extraordinary!

Bodhi