QOLを向上させるテクノロジー

現代のテクノロジーには、人生をより楽しくするための多くの新しい方法があります。 最近提供されているものを購入して使用し、家族のQOLを改善できることに感謝しています。私はいろいろ試してみて、私の人生にどのように役立つかを見るのが好きです。 最高に役立つものは続けてみます。 合わなかったら又違う方法を探します。

最近、不必要なアプリやデバイスに執着しすぎていることに気付きました。そこで、色々使ってきた中で、私のお気に入りの4つを紹介します。

フィットネストラッキングテクノロジー– Runkeeper

 Runkeeperなどのアプリでランニングの走行距離を1キロメートル単位で追跡する為、1キロあたりのペースがわかります。そして、走った正確なルートと、ランニングで消費したカロリーもわかります。

Health, Nutrition and Fitness Tracking Runkeeper app

 

栄養トラッキングテクノロジー クロノメーター

私が食べるものを入力することで栄養を追跡するクロノメーターのアプリを持っているので、「マクロ」(タンパク質、炭水化物、脂肪)としても知られている主要栄養素がもし、私の目標としているマクロの必要量に過不足があった場合私は調節することができます。これは、毎日の炭水化物を50グラム未満に抑える必要がある厳格なケトダイエット中に特に行っていました。

Health, Nutrition and Fitness Tracking Chronometer

ヘルスケアテクノロジー Apple Watch

私のiPhoneに加えて、私は贈り物として与えられた美しいApple Watchを持っています。Apple Watchは、私が長く座っていると、立ち上がることを思い出させてくれます。

安静時の心拍数を記録し、集中している時など呼吸が浅くなると呼吸すること教えてくれます。

毎日運動目標、立位目標、エクササイズ目標を設定することで、より健康になれるように人生をゲーミングします。 これは、毎日の生活で欠けている健康的な習慣を思い出させ、一日の終わりに実際に達成したことを確認するためのきちんとした方法です。

Health, Nutrition and Fitness Tracking iPhone

心拍数トラッキングテクノロジー Polar

Polar FT7心拍数モニターデバイスを使用して心拍数を追跡し、正確に脂肪燃焼モードまたはフィットネスモードになっていることを確認し、燃焼したカロリー数も表示します。 走りに行ったり、毎週のスプリントをするときに使います。 これは、ランニングでハードに走りすぎないようにし、毎週のスプリントをするときに心拍数を100%最大限にしようとするために使用する素晴らしいツールです。

Health, Nutrition and Fitness Tracking Bodhi Kenyon

Apple Watch対 Polarはランニングとスプリント中の心拍数を追跡します

Apple Watchは優れていますが、チェストストラップを備えたPolarはより正確かつ迅速であるため、ランニングや短距離走行では常にこれを使用します。 積極的にトレーニングしながら心拍数をより正確に測定したい場合は、胸部ストラップデバイスを強くお勧めします。 ウォーキングや軽い運動を追跡するだけの場合は、アップルウォッチまたはその他の時計型デバイスの方が便利で楽しいです。

これらのデバイスを使用する頻度

ランニングをより強度に基づいたトレーニングに置き換えたため、Runkeeperを使用するのはランニングの時だけです。

現在、私は毎日クロノメーターを使用しています。 私は1日2回しか食べないので、あまり時間をかけず、主に食べ過ぎないようにガイドとして使用しています。 それは私が毎日食べる一般的なカロリーとそれが私のウエストラインにどのように影響するかを見ることができます。 また、特定の微量栄養素が満たされるために必要な一日の量を明確にすることも好きです。 この良い例は、400g赤身75%の牛ひき肉に含まれるカリウムの量を確認することです。カリウムについて考えると、肉ではなくバナナ、キウイ、またはアボカドを思い浮かべるからです。牛肉にもカリムが入っている事などを私を教えてくれます。 驚くべき量の栄養を供給するさまざまな食品を見て楽しみます。 たとえば、鶏のレバー322gが2つの中くらいの大きさのレモンよりも多くのビタミンCが入っていることを知りませんでした。 新しい発見は私を笑顔にします。

私はApple Watchを週に2、3回時計として使っています。かっこいいし、動きに関して何をしているのかを見るのは楽しいです。 。 いつも身に付けているので、私の小さな数値を追跡するのはiPhoneよりも正確です。私は通常iPhoneを体から離しておくからです:-)

上で述べたように、私は走る時や、週に一回デッドリフトをするとき、Strength Endurance Training(最大値の67-71%)をするときに、自分の体の回復状態を見るためのツールとして使用します。

ウルトラマンの胸の中央にある点滅するライトが彼の心拍数モニターだったのではないかと思う必要があります。 回復するために家に帰れ!」

 

私は時々、ウルトラマンの胸の中央にある点滅するライトが彼の心拍モニターだった場合、彼に「セットは終わりました。回復の為に帰還せよ」と知らせるモニターだったのではないかな?と思う事があります。

クライアントにトラッキングテクノロジーを使用する

LFBXスーパーヒーロー7HIITトレーニングと呼ばれる非常に激しいトレーニングを行っているクライアントのChris Leeのセッションでは、2つの理由からPolar心拍数モニターを使用しますー

  1. 非常に迅速かつ正確な心拍数測定値を取得できること。 これにより、各セットの最後にすぐに彼の最大心拍数がわかります。
  2. このタイプの非常に激しいトレーニングは、セット間の休憩が90秒というような時間ではなく、最大心拍数の60%に心拍数を戻るまでが休憩です(つまり、毎分125拍)。 この数値をすぐに知ることが重要で、戻り次第、次のセットを開始できます。

クライアントや、少なくとも3か月間集中してトレーニングを行っている人には、このタイプのトレーニングを強くお勧めします。目標は、体のすべての筋肉を使用し、心拍数を最大心拍数の85〜95%まで上げることです。 それは難しいです!

最高の贅沢

私たちは先進国の非常に忙しい時代に生きています。 私は私の人生を楽しくし、健康、フィットネス、栄養を数値化するために使用できる気の利いたガジェットをすべて考えています。 これらすべてに感謝しています。 ガジェットは私が他の人を助けることができるように私に教えてくれます。逆に言うと、私は数値化することに集中しすぎる側面を持っています。 あまりにも多くのニーズを細かく数値化することに気を取られてしまう部分は、少し冷やす必要がありますが、そのおかげで学習、成長、開発を楽しく続けることができます。

読んでくれてありがとう。 共感していただけたらシェアやコメントをお願いします!

Be Extraordinary!

Bodhi